ホンダ、トニー・ボウ選手がトライアル世界選手権14連覇達成

トニー・ボウ選手(イタリアGP)
トニー・ボウ選手(イタリアGP)全 3 枚写真をすべて見る

2020トライアル世界選手権シリーズ最終戦イタリアGPが10月10日・11日に開催され、ホンダレーシング(HRC)の契約ライダーで、ワークスチーム「レプソルホンダチーム」のトニー・ボウ選手が14年連続14回目のシリーズチャンピオンを獲得した。

今シーズンのトライアル世界選手権は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて9月に開幕。全4戦が行われ、各戦2日間、合計8レースでタイトルが争われた。ボウ選手は開幕戦のフランスGPで優勝・3位、続くスペインGPでは、2レースともに優勝、前戦のアンドラGPは2位と優勝によって、ポイントランキングで2位と10ポイント差の首位で、最終戦を迎えた。イタリアGPでは1日目に優勝しチャンピオンが決定すると、続く2日目も優勝で有終の美を飾り、14連覇を達成した。

ボウ選手は、2007年にHRCのワークスマシン「モンテッサ COTA 4RT」で初の世界チャンピオンを獲得して以来連覇を重ね、人工セクションを走破する屋内競技であるXトライアル世界選手権の2020年シーズンでも14年連続のチャンピオンに輝いている。

トニー・ボウ選手のコメント

初日でタイトルを獲得できるとは思っていませんでした。例年もそうですが、今年もとても厳しいトライアルでした。1位だと思えば次の瞬間には7位にもなるという、順位の変動が簡単に起こり、失敗の許されない難しい戦いでした。タイトル獲得には非常に満足しており、インドア・アウトドア両方のタイトル獲得もとてもうれしいことです。いつもと違うシーズンとはなりましたが、大いに祝いたいです。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}