アウディ RSモデル誕生25周年、4車種一部改良とともに限定車3車種を発売へ

アウディ RS 4アバント RS 25イヤーズ
アウディ RS 4アバント RS 25イヤーズ全 16 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは、RSモデル4車種『RS 4アバント』『RS 5クーペ/スポーツバック』『TTRSクーペ』を一部改良、うち3車種にRSモデル誕生25周年を記念した世界限定モデル「RS 25イヤー」を設定し、順次発売する。

アウディは1994年、初のRSモデル『RS 2アバント』を発売。レースカーの開発などを手掛けるアウディスポーツによって開発、生産されるRSモデルは、モータースポーツとの深い関連性を持つ高性能かつエクスクルーシブな仕様となっている。

RS 4アバント、RS 5クーペ/スポーツバックは、最高出力450psを発生する2.9リットルV6ツインターボを搭載。今回のモデルチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に刷新している。ボンネット先端には往年の『アウディ クワトロ』を彷彿とさせるスリットを備え、前後バンパーやエアインレット、サイドシルなどを専用デザインとすることで精悍さを向上させた。さらにRS 4アバントはフロントサイドがアコースティックガラス、RS 5はマトリックスLEDヘッドライトを備えるレーザーライト、さらに、RS 4/ RS 5ともに、ヒーター付きのステアリングが新たに標準装備となる。アルミホイールは、RS 4アバントが5ダブルスポークエッジデザイン9J×20、RS 5クーペ/スポーツバックは5アームフラッグデザイングロスアンスラサイトブラックポリッシュト9J×20が標準となる。

TTRSクーペは、最高出力400ps/最大トルク480Nmを発揮する、オールアルミ製の2.5リットル5気筒直噴ターボエンジンを搭載。ダイナミックなスタイルに刷新したほか、インテリアには、センタアームレストを標準装備とした。

アウディ RS 4アバントアウディ RS 4アバント

RSモデル誕生25周年記念モデルは、いずれもRS 2アバントへのオマージュとしてノガロブルー・パールエフェクトのボディカラーを採用する。

RS 4アバントおよびRS 5スポーツバックは、さらにブラック アウディリングス、カラードブレーキキャリパーレッド、RSスポーツエグゾーストシステム、デコラティブパネルカーボン、カーボンエンジンカバーなどを装備。さらに、専用ロゴ付アルカンターラ/レザーシート(ブルーステッチ)、アルカンターラフラットボトムステアリング&シフトノブ、ブルーステッチ入りファインナッパレザーのドアアームレストとセンターコンソール、専用ロゴ付フロアマット、ブラックのウィンドウモールディング/ドアミラー/ルーフレール、マットアルミニウムルックサイドスカートなど、特別装備を多数備える。

アウディ RS 4アバント RS 25イヤーズアウディ RS 4アバント RS 25イヤーズ

TTRSクーペも専用ロゴ付アルカンターラ/レザーシート(ブルーステッチ)、ステアリングセンターマーカーブルー、エクステンデッドレザー、専用ロゴ&ブルーステッチ入りフロアマット、マットアルミニウムルックのサイドスカート/フロントブレード/リヤディフューザートリム、ブラックのドアミラー/リヤスポイラーマウント/リヤスポイラーサイドブレード、ブラックアウディリングスなど、数々の特別装備を採用。さらにカラードブレーキキャリパーレッド、デコラティブパネルカーボン、カーボンエンジンカバー、マトリクスLEDリヤライト、20インチアルミホイールや、コンフォートパッケージ、プライバシーガラス、バング&オルフセンサウンドシステムといった快適装備などを追加している。

価格はRS 4アバントが1250万円(2021年1月以降発売)、RS 5クーペが1340万円(同)、RS 5スポーツバックが1340万円(同)、TTRSクーペが1026万円(10月23日発売)。

アウディ RS 4アバントアウディ RS 4アバント

25周年限定モデルはRS 4アバントが1480万円(12月以降発売)、RS 5スポーツバックが1590万円(2021年1月以降発売)、TTRSクーペが1309万円(2020年12月以降発売)。各35台の限定となる。

<おわび>TTRSクーペ RSモデル誕生25周年記念限定モデルの価格を1330万円としていましたが、正しくは1309万円です。訂正して再出力しました。

アウディ RS 4アバントアウディ RS 4アバント

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】アウディ RSモデル誕生25周年、4車種一部改良とともに限定車3車種を発売へ(16枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  3. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  6. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  7. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  8. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  9. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  10. 【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ
ランキングをもっと見る