まさかの電動化!? ポルシェ 911 GT3 RS 次期型、プロトタイプから見えたもの

ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 20 枚写真をすべて見る

ポルシェ『911 GT3』の最強モデル、『911 GT3 RS』次期型プロトタイプがニュルで高速テストを開始。その様子をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。「公道のレーシングカー」の異名を持つGT3 RSは、新型でどのような進化を見せるのだろうか。

捉えたプロトタイプは、専用のグリル、大型のエアインテークを備えるボンネットフードを装備、さらにフロントフェンダーには空力ルーバー、巨大なタイヤセットも確認できる。リアデッキリッドには、強力なダウンフォースを生むであろう巨大デュアル・スワンウィングを装着する。

ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
予想されるパワートレインは、4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載、最高出力は現行型の520psを大きく上回る550ps以上、あるいは580psとも噂されているが、最新情報では4.2リットルの排気量も噂されている。トランスミッションは、現行モデルと同様にPDKデュアルクラッチとなるだろう。

ところで奇妙なのは、プロトタイプの右フェンダーの燃料キャップのすぐ下にある、『タイカン』を彷彿させる充電口があるような偽装だ。ハイブリッドになれば重量が増えるため、GT3 RSのようなサーキット志向のモデルには向かないと考えられるが、果たしてその正体は。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV