ANAとJR九州がMaaS推進 航空便と列車を一括予約・決済

ANA空港アクセスナビとJR九州インターネット列車予約の連携イメージ
ANA空港アクセスナビとJR九州インターネット列車予約の連携イメージ全 4 枚写真をすべて見る

全日本空輸(ANA)と、九州旅客鉄道(JR九州)は、MaaS(モビリティアズアサービス)推進の一環として「ANA空港アクセスナビ」と「JR九州インターネット列車予約」の連携を21日から開始した。

これまで別々に予約をする必要のあった2つのサービスをシステム連携することで、シームレスに航空券予約から新幹線、特急列車などの予約・決済まで可能となる。

例えば、東京から久留米までの移動の場合、東京から福岡空港までの航空便利用と博多から久留米までの新幹線チケット購入が、最適な経路検索に基づいてシームレスに予約・決済できる。

ANAとJR九州は、2019年から九州の魅力発信や、訪日外国人向け鉄道周遊きっぷの機内販売など、情報発信と訪日外国人誘客などで協力してきた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV