【メルセデスベンツ GLA 新型試乗】ドライバーをこんなに甘やかしていいのか?…岩貞るみこ

メルセデスベンツ GLA 新型
メルセデスベンツ GLA 新型全 8 枚写真をすべて見る

メルセデスに★をいっぱいつけるのは、正直、悔しい。だけど、フルモデルチェンジした『GLA』は、かゆいところに手が届く、いや、それ以上の完成度で、★の減らしようがない。

先代のGLAは、やんちゃ小僧だった。若いな、お前。そう呼びかけたくなる線の細い少年のようだったのに、ふたたび目の前に現れた新型は、急に青年に成長していて、どきどきする。大人っぽさを増した顔つき。張りのある筋肉をまとったような全身のボリューム感。それでいて全高は1620mmと、そこそこ控えめで使いやすさも忘れていない。

メルセデスベンツ GLA 新型
なにより、うなるのは、ディーゼルターボのエンジンである。奥深いトルク感。なめらかで包み込むような加速感。これに尋常ではないボディ剛性からくる安心感と柔らかく頼もしいサスペンションがシンクロして、ああもう、うっとり……なのである。

それにしてもなんだ、このエンジンの味付けは。とろりとした感覚が肌にまとわりつくような感じ。ディーゼルならではのゆとり。これまであまりディーゼルを好んで選ぼうという気にならなかったけれど、この感覚は別ものだ。

メルセデスベンツ GLA 新型
さらに、今回は4MATIC(四輪駆動)ということもあり、コーナリングするときの後ろ脚の動きが地味にいい。右へカーブしようとすると、左後輪が即座に行きたい方向に確実に的確に後押ししてくれ、それが運転席に座っている体に伝わってくる。このあうんの呼吸の動きが、本当にしみじみ信頼できる。ドライバーをこんなに甘やかしていいのか? いいのだ、きっと。

GLAは、若い世代をとりこみたいという意図もあるけれど、これ、大人の女性をとりこにする要素もいっぱいなのである。

メルセデスベンツ GLA 新型

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、ノンフィクション作家として子どもたちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。コラム『岩貞るみこの人道車医』を連載中。

《岩貞るみこ》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV