三菱自動車の総生産台数、13か月連続マイナス---39.9%減の7万5949台 9月実績

三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル。まもなく発売
三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル。まもなく発売全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は10月29日、2020年9月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。総生産台数は前年同月比39.9%減の7万5949台で13か月連続のマイナスとなった。

国内生産は同29.4%減の3万8837台で6か月連続のマイナス。海外生産も同48.0%減の3万7112台と12か月連続で前年実績を下回った。

国内販売は同48.4%減の6965台で12か月連続のマイナスだった。登録車は同57.7%減の2637台、軽自動車は同40.5%減の4328台。シェア(軽自動車・輸入車含む)は1.7%で前年同月から1.1ポイントダウンした。

輸出は同53.5%減の1万5847台で6か月連続のマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV