事故や駐車中の異常を自動通知…通信ドラレコを活用した新サービス開始 ドコモ

ドコモドライバーズサポート
ドコモドライバーズサポート全 7 枚写真をすべて見る

NTTドコモは、通信型ドライブレコーダーとスマートフォンアプリを活用して、事故発生時はもちろん、駐車中の異常の通知や危険運転履歴の確認などができる「ドコモドライバーズサポート」を11月18日から提供すると発表した。

また、同日から本サービス専用の通信型ドライブレコーダー「ドコモドライブレコーダーDDR01」(JVCケンウッドと共同開発)を全国のドコモショップで販売。大手ECサイト、カー用品店などにも販売チャネルを順次拡大する予定だ。

ドコモドライバーズサポートでは、ドコモの4G(LTE)通信が可能なeSIMを内蔵した通信機能付ドライブレコーダーにより、記録映像や現在地などをリアルタイムで確認できる。また、ドライブレコーダーが一定の衝撃を検知した際や、緊急通知ボタンを押した場合、自動で位置情報と動画をクラウドに保存。登録先のアプリ(ドライブレコーダー1台につき最大10名まで)へ通知する。さらに駐車中も最長24時間の監視が可能。衝撃を検知すると、自動録画してクラウドに保存し、アプリへ通知する。

また、急アクセル、急ブレーキ、急ハンドルを検知すると、ドライブレコーダー上の表示と音声メッセージで知らせるとともに位置情報と日時を記録。アプリで危険挙動の履歴や走行中の位置情報を確認できるため、運転経験の少ないドライバーや高齢ドライバーなど、運転に不安がある家族を見守ることもできる。

さらに、画像認識によるADAS機能を搭載し、安全な運転を支援する。前走車に近づきすぎた時や、走行車線をはみ出したときなどに、ドライブレコーダー上の表示と音声メッセージでドライバーに注意喚起。走行付近にある「オービス地点」「事故多発地点」を、ドライブレコーダー本体を通じて、音声とイラストで通知する機能も備える。

ドコモドライバーズサポートの利用には、専用ドライブレコーダーの購入に加え、サービス使用料(月額300円)と専用料金プランの契約が必要。データ容量最大500MBの月額通信料は2年縛りが400円、縛りなしは800円。合計月額700円から利用できる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ