インフィニティ、高級クロスオーバークーペ市場に復帰…『QX55』発表[動画]

日本の芸術性を表現した折り紙風のメッシュグリル

デュアルスクリーンの「InTouch」インフォテインメント

可変圧縮比の「VCターボ」は最大出力268hp

インフィニティ QX55
インフィニティ QX55全 26 枚写真をすべて見る

日産自動車の海外向け高級車ブランドのインフィニティは11月18日、新型SUVクーペの『QX55』(Infiniti QX55)を、米国からデジタルワールドプレミアした。

QX55は、最も急速に成長しているセグメントのひとつ、ラグジュアリークロスオーバークーペ市場に、インフィニティが再び参入するために開発した新型車だ。スポーティクーペのようなルーフラインが特長になる。

インフィニティは2003年、初代『FX』を北米市場で発売した。インフィニティは初代FXが、現在人気のラグジュアリークロスオーバークーペ市場を開拓したと位置付けている。インフィニティはQX55を擁し、2003年に初代FXが確立したセグメントに復帰する。

QX55は、大胆なエクステリアに加えて、ラグジュアリーなインテリアを持ち、コネクティビティなどの面で革新的なテクノロジーを採用する。そのデザインは、プレミアムミッドサイズクロスオーバー車の多様性を、スポーツクーペの滑らかなプロファイルと融合させるという。インフィニティ QX55

日本の芸術性を表現した折り紙風のメッシュグリル

QX55のデザインは、インフィニティの大胆なデザインを維持しながら、FXのシルエットを再解釈したものだ。フロントのダブルアーチグリルは、折り紙風のメッシュパターンを持つ。インフィニティによると、現代の日本の芸術性を表現しているという。標準のLEDヘッドライトは、人間の目をモチーフとした。

エレガントで流れるようなラインは、ボンネットからフロントフェンダー、ドア、後輪へと続く。20インチホイールは、全車に標準装備されており、車体とホイールの隙間を埋め、SUVのダイナミックな存在感を主張する。

リアは、スマートなパワーリフトゲートを採用した。デジタル「ピアノキー」テールライトは、45個のLEDを組み合わせて、エレガントなライトシグネチャーを作り出す。このLEDテールライトは、デザインスタディモデルの『QX60モノグラフ』にも導入された。テールゲートの「INFINITI」ロゴも新しい。インフィニティ QX55

デュアルスクリーンの「InTouch」インフォテインメント

インテリアには、ワイヤレスのApple 「CarPlay」に対応したデュアルスクリーンの「InTouch」インフォテインメントシステム、グーグル「AndroidAuto」と充電用のUSBポートを装備した。

上側8インチ、下側7インチの高解像度スクリーンを、最大16個のスピーカーが付くBOSE製オーディオシステムと組み合わせる。ドライバーや乗員を楽しませ、コンサートのような音響体験を実現するという。

シートには、レザーやセミアニリンレザーを使う。広々としたインテリアは、スライド式の2列目シートを移動させることにより、荷室容量や足元スペースを柔軟にアレンジできる。インフィニティ QX55

可変圧縮比の「VCターボ」は最大出力268hp

パワートレインは、可変圧縮比の「VCターボ」を備えた直列4気筒ガソリンエンジンエンジンだ。最大出力268hp、最大トルク38.7kgmを引き出す。日産が開発したVCターボエンジンは、量産エンジンとしては世界初の可変圧縮比エンジンだ。可変圧縮比技術は、ピストンの上死点位置をシームレスに変化させるマルチリンクシステムを活用しており、最適な圧縮比に素早く変化する特長を備えている。

圧縮比は8:1(高性能)から、14:1(高効率)の間で自在に変えることができる。運転状況に応じてエンジンの制御ロジックは、自動的に最適な圧縮比を選択する。またこの技術は、燃料消費量と排出ガスの大幅な削減、騒音や振動レベルの低減など、多くのメリットがあり、既存のエンジンに比べて、軽量かつコンパクト設計としている。

トランスミッションは、マニュアルモードを備えたCVTで、駆動方式は4WDとした。ドライブモードセレクターによって、「標準」、「エコ」、「スポーツ」、「パーソナル」の4モードが切り替えられる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV