カワサキ、AIを活用した新ライダーサポートシステム開発へ 実証実験開始

RIDEOLOGY Meets AI
RIDEOLOGY Meets AI全 1 枚写真をすべて見る

川崎重工は11月23日、AI(人工知能)とICT(情報通信技術)を活用した新たなライダーサポートシステムの実証実験を開始したと発表した。

川崎重工は、走りへのこだわりを表現した「RIDEOLOGY(ライディオロジー)」という開発思想のもと、単なる移動手段ではなく、ライダーが「操る悦び」を味わえるモーターサイクルを生み出すための研究開発を進めている。

新ライダーサポートシステムは、クラウドサービスと連携し、スマートフォンを介した多彩な双方向通信を実現。これまではライダーがボタンを操作し、液晶ディスプレイの表示を切り替えて各種情報を確認していたが、音声による入力操作、およびモーターサイクル側からの情報提供が可能になる。また、モーターサイクルがインターネット上の情報を調べて音声で回答。航続可能距離や目的地の天候など、ライディングに役立つ情報を簡単に聞き出すことができる。

また、今まで数値やグラフで表示されていたライディングログを、よりリアルに視覚化。スピードやバンク角などのデータを、スマートフォン上に3Dで走行ルート地図とあわせて映し出し、自分のライディングを旅やツーリングの思い出とともにプレイバックできるようになる。

現在、システムの社内実験は最終段階まで進み、公道走行での実用性を確認する実証実験を日本国内で始めている。これらのシステムは、既に発売されている同社モーターサイクルの一部でも使用可能になる予定だ。今後、同社はAIをさらに活用し、ライダーと対話を行うことで運転状況やライダーの意志を感じ取り、ライダーの個性を反映した唯一のマシンに進化する機能などを備えた、次世代モーターサイクルの実現に向けて開発を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ