ボルボ、日本国内全モデル電動化が完了…S60 と V60クロスカントリー にマイルドハイブリッド導入

ボルボ S60/V60クロスカントリー
ボルボ S60/V60クロスカントリー全 6 枚写真をすべて見る

ボルボ・カー・ジャパンは、ミドルサイズセダン『S60』とミドルサイズクロスオーバー『V60クロスカントリー』の装備を一部変更するとともに、パワートレーンに48Vハイブリッドを導入。全車電動化を図り、11月26日より販売を開始する。

価格はS60が499万円から799万円。V60クロスカントリーが579万円から674万円。

S60は従来の「T4」「T5」に代わり、新たに48Vハイブリッドパワートレーン「B4」「B5」を採用。プラグインハイブリッド(PHV)モデル「リチャージ プラグインハイブリッドT6」と併せ全車電動化。V60クロスカントリーも従来の「T5」に代わり、48Vハイブリッドパワートレーン「B5」を採用した。今回のS60/V60クロスカントリーのパワートレーン一新により、ボルボの国内販売モデルはすべて電動化されたこととなる。

48Vハイブリッドシステムで燃費向上と上質な走りを実現

B4/B5は、ISGM(インテグレーテッド・スタータージェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジンの始動や動力補助を行うハイブリッドシステムを搭載している。ISGMはバッテリーモジュールへの充電、エンジンの始動、車両出力補助ならびに制動に使用。また、スターターモーターに代わりエンジンの始動を行い、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションの大幅な低減と、より上質感のある走行性能を実現した。

また、約90%のパーツを新設計とした新世代パワートレインDrive-Eの第3世代となる2リットル4気筒ガソリンエンジンを搭載する。優れた効率性と環境性能、コンパクトなデザインを実現しており、新世代ボディ構造とともに、高いレベルの衝突安全性能も考慮。エンジン内部の摩擦低減を図るとともに、気筒休止システムを導入したことで、燃費向上を実現した。

PHVモデルは48.2kmのEV走行可能

S60に設定するリチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDは、ボルボの中大型車向けプラットフォーム「SPA」をベースとしたPHVモデルだ。「外部充電可能」の意味を持つ新プロダクトライン「リチャージ」は、今後導入されるEVとPHVの呼称として使用され、電動化を推進するボルボ・カーズを象徴する位置付けとなる。

最高出力253ps/最大トルク350Nmを発生するDrive-E2.0リットル4気筒スーパーチャージャー付き直噴ターボエンジンと240Nmを発揮する電気モーターをリアに配置する。走行バランスを追求した「ハイブリッドモード」をはじめ、「ピュアモード」ではEV走行のみによるゼロエミッション走行が可能で、プラグインレンジは48.2km。また、エンジンとモーター2つのパワーソースを最大限に活用する「パワーモード」も選択できる。

S60にRデザインを新設定

S60のエントリーグレード「B4モメンタム」は、パワートレーンの変更と併せて仕様装備の見直しを行い「キーレスエントリー」、「運転席8ウェイパワーシート(運転席ドアミラー連動メモリー機構付)」、「ドアハンドル(ボディ同色、グラウンドライト付)」を標準装備とし、B4パワートレーン搭載で500万円を切る価格を実現した。

PHVモデルにはエントリーグレードとして「インスクリプション エクスプレッション」を追加設定。装備レベルを見直し、「リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWD インスクリプション」と比較して、より購入しやすい価格を実現した。さらにスポーティグレード「Rデザイン」を設定。グロッシーブラック仕上げのアクセントや18インチ専用アルミホイールをはじめ、専用オープングリッドテキスタイル/ファインナッパレザーコンビネーションスポーツシートや、本革/シルクメタルスポーツステアリングホイール等を装備する。

また、S60/V60クロスカントリーの装備を一部変更し、「クリーンゾーン - アドバンスト・エアクオリティシステム(PM2.5センサー、車内自動換気機能付)」を採用した。車内から微粒子状物質を除去することでPM 2.5粒子を最大95%車外へ排出。車内のエアクオリティを最適化し、大気汚染や微粒子による健康への悪影響を抑制する。併せて「ワイヤレススマートフォンチャージ」を標準装備。オプションのB&Wプレミアムサウンドオーディオシステムをアップグレードし、音場再現性を向上させたほか、新たにジャズクラブモードを追加した。

ケア・キー導入、任意の最高速度制限で若者や高齢者の事故抑止

今回新たに、180km/hの最高速度制限とケア・キーを導入した。自動車の速度超過が死亡重症事故の大きな原因の一つであることから、すべてのボルボ車の最高速度を時速180キロに制限。また、ケア・キーを使用することで、初心者や高齢者が運転する際、また他人に貸し出す際などに、予めクルマの最高速度を任意のより低い速度に制限しておくことができる。

シティセーフティなど、先進安全・運転支援機能を全車標準装備

先進安全・運転支援機能も全車標準装備。「対向車対応機能」や「歩行者・サイクリスト検知機能」、「インターセクションサポート(右折時対向車検知機能)」などを備える「シティセーフティ(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)」をはじめ、「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」、「パイロットアシスト(車線維持支援機能)」、「ステアリングアシスト付BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロストラフィックアラート)」、「ランオフロードミティゲーション(道路逸脱回避機能)」、「オンカミングレーンミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」などを備える。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ