レクサスの新型7人乗りSUVを迎え撃つ!? BMW X7、早くも改良へ着手

BMW X7 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW X7 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 15 枚写真をすべて見る

BMWが現在開発中のフラッグシップクロスオーバーSUV、『X7』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

2019年に発売されたばかりのX7だが、早くもLCI(Life Cycle Impulse=マイナーチェンジ)モデルの開発が始まっているようだ。メルセデスベンツ『GLS』をはじめ競争の激しいプレミアムSUV市場では、レクサスが3列7人乗りの新型SUVを開発しているという噂もあり、X7への期待も高まる。

捉えたプロトタイプは、新設計されたヘッドライトがフードから離れ下へ移動、グリルも刷新されるが、拡大はされない様子だ。さらにボンネット、バンパー、統合されたフォグランプを備えるエアインテークも新設計となる。

BMW X7 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X7 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
またリアエンドでは、クロムストリップで結ばれるLEDテールライトのグラフィックが刷新されているが、スプリットオープニングデザインのテールゲートには変化が見られない。ただし、初期プロトタイプのため、今後着手される可能性もありそうだ。

キャビン内では、インフォテイメントシステムとデジタルインストルメントクラスタ用の新しいソフトウェア、さらに多くの室内装備品、トリムオプションを含むノベルティなど、多数のアップグレードがなされる。

パワートレインは、最高出力340psを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャー、最高出力460psを発揮する4.4リットルV型8気筒を搭載の「M50i」などがキャリーオーバーされる。また3.0リットル直列6気筒ターボエンジン+電気モーターのPHEVが初設定されるほか、V12エンジン搭載「M60i」も噂されている。

X7改良新型の登場だが、早くとも2021年秋以降のデビューとなりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ