VW『ID.3』、単一国で連続EVドライブの世界最長記録…2か月で約3万km走行

フォルクスワーゲン ID.3 の約3万kmに及ぶ公道耐久テスト車両
フォルクスワーゲン ID.3 の約3万kmに及ぶ公道耐久テスト車両全 7 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは12月1日、新型EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)の2か月に及ぶドイツでの公道耐久テストが終了し、「単一国で連続EVドライブの世界最長記録」を達成した、と発表した。

「ID.ファミリー」として、欧州で最初に発売されたのが、フルコネクテッド機能を備えたコンパクトEVのID.3だ。ロングホイールベースと短いオーバーハングが特長で、内燃エンジンが搭載されていないため、前後アクスルを車両のより外側に配置することを可能にしている。

ID.3には、電動車専用に新開発された「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)車台を使用する。モーターがギアボックスとともにリアアクスルに組み込まれ、後輪を駆動する。モーターからリアアクスルへのパワーの伝達は、1速ギアボックスを介して行われる。

ID.3では、バッテリーが他のコンポーネントとともに、車両のフロア下に効率よく搭載される。バッテリーの蓄電容量は45kWh、58kWh、77kWhの3種類のグレードを、順次設定する。新しい燃費基準のWLTPモードにおいて、およそ330~550kmの航続を実現している。

フォルクスワーゲン ID.3 の約3万kmに及ぶ公道耐久テスト車両フォルクスワーゲン ID.3 の約3万kmに及ぶ公道耐久テスト車両

充電は、AC(交流)、三相交流、DC(直流)で充電できる。出力100kW の急速充電に対応しており、30分の充電でおよそ290kmの走行が可能なバッテリー容量を充電できる。

フォルクスワーゲンは、このID.3の2か月に及ぶドイツでの公道耐久テストを終了し、単一国で連続EVドライブの世界最長記録を達成した、と発表した。65日間でドイツ全土を回り、2万8198kmを走行している。

フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

2か月間のテストにおいて、出力60kW以上の急速充電ステーション652か所に立ち寄り、ID.3の長距離品質とドイツの充電インフラストラクチャ性能を確認した。フォルクスワーゲンの充電カードは、オペレーターに関係なく、ドイツの急速充電ステーションネットワーク全体へのアクセス性が確認されたという。

テスト車は、2021年春に欧州発売予定の新グレード、「プロS」だ。バッテリーの蓄電容量は77kWhで、1回の充電での航続は最大549 km。フォルクスワーゲンはプロSの試作車によるテストを推進し、2021年春の市場投入に備える。

フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

なお、このマラソンテストドライブでは、平均してテスト車両は100km走行あたり19kWhを消費した。1回の充電での最大航続は420kmだった、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ