フィット は日本ユーザーの使い方を考慮…まるも亜希子【日本カーオブザイヤー2020-2021】

ホンダ・フィット
ホンダ・フィット全 7 枚写真をすべて見る

“今年を代表する1台”を決める日本カーオブザイヤー。今年度の「第41回 2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」で選ばれたのは、スバル『レヴォーグ』となった(12月7日)。次点はホンダ『フィット』だった。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは昨年の11月1日から今年の10月31日までに国内で販売された車種を対象に、選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を10車種(10ベスト)のうち5車種に配点し、それらのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。また、10点を与える車種は1車種とする。

審査委員でモータージャーナリストのまるも亜希子氏は、フィットに満点の10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載されたコメントだ。

☆☆☆

海外市場を主眼としてダウンサイジング路線をとるコンパクトカーが多い中、日本のユーザーの使い方も考慮し、最小限のサイズアップに留めながら、ファミリーでも使いやすい広さ、快適装備、安全性を抜かりなく備えた点がまず大きな理由です。

加えて、周囲に威圧感を与えるデザインではなく、家族の一員のように愛着の持てるフレンドリーなデザインで、5つのキャラクターを設定して多様な好みに応えている点。A/Aダッシュピラーという新発想により、誰もが良好なパノラマ視界で安全確認がしやすく、リラックスして運転できる環境を整えている点。市街地から長距離まで安定感と心地よさのある走行性能を手にしている点を、高く評価させていただきました。

☆☆☆

まるも氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
スバル・レヴォーグ:8点
トヨタ・ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス:1点
ホンダ:フィット:10点
マツダMX-30:2点
プジョー208/e-208:4点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:スバル・レヴォーグ
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:プジョー208/ e-208
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:マツダMX-30
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:アウディ e-tronスポーツバック
●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:BMWアルピナB3
●K CAR オブ・ザ・イヤー(軽自動車):日産ルークス、三菱eKクロススペース、eKスペース

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

ピックアップ