交通事故発生件数14%減、2ケタマイナス続く 11月

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

警察庁が12月14日発表した2020年11月の交通事故統計によると、11月の交通事故発生件数は前年同月比14.0%減の2万8521件だった。

新型コロナウイルス感染拡大による移動自粛などで、5月の交通事故発生件数は4割減となったが、9月以降は2割以下の減少幅で推移している。13.1%減だった10月よりはマイナス幅が拡大した。ただ、1日平均の交通事故発生件数は951件で、10月と比べて24件増えた。2020年1月からの累計交通事故発生件数は前年同期比19.7%減の27万7627件だった。

11月の交通死者数は前年同月と比べて48人少ない280人だった。これで2020年1月からの累計は2541人で、2020年年間で3000人を割り込む見通し。

11月の交通事故負傷者数は同14.5%減の3万3770人だった。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ