レッドバロン、保険連動対応バイク用2カメラドラレコを提供開始へ

バイク用ドライブレコーダー取付イメージ
バイク用ドライブレコーダー取付イメージ全 2 枚写真をすべて見る

レッドバロンとJVCケンウッド、あいおいニッセイ同和損保の3社は、保険会社との動画連携などに対応したバイク用前後2カメラドライブレコーダーを共同開発し、2021年3月からレッドバロン会員向けに提供を開始する。

バイク用ドライブレコーダーは、バイクの外観を損なわない業界最小レベルのカメラサイズ(前後2カメラ)で、様々な車種に取付可能。防水防塵、耐振動などの高い耐環境性能を持つ。機能面では、ツーリングや万一の事故時の記録等、様々なシチュエーションを想定し、フルHD画質を実現。HDR機能、電子式ブレ補正機能を搭載し、昼夜問わず高画質で撮影できる。

また3社はあわせて専用アプリ「エマージェンシーNAVI」と「ツーリングEYEs」も共同開発した。エマージェンシーNAVIは、あいおいニッセイ同和損保のバイク保険契約者向け専用アプリとして2021年3月から提供開始。事故時の動画をスマートフォン上であいおいニッセイ同和損保に送信できる保険業界初のアプリとなる。また、ツーリングEYEsでは、バイク用ドライブレコーダーと無線LAN接続することで簡単に映像確認や動画のダウンロードが可能。ツーリング中に撮影した映像をすぐに確認したり、手軽にSNSへ投稿できるほか、マージェンシーNAVIと連動し、事故映像を手間なく送信できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ