都営地下鉄浅草線全駅へのホームドア導入は2023年度までに…異なる列車状況に対応したQRコード式で整備

都営地下鉄大江戸線都庁前駅に設置されている通常タイプのホームドア。
都営地下鉄大江戸線都庁前駅に設置されている通常タイプのホームドア。全 5 枚写真をすべて見る

東京都交通局は12月23日、都営地下鉄浅草線へのホームドア導入計画を明らかにした。

都営地下鉄では2019年度までに三田・大江戸・都営新宿各線と浅草線の新橋・大門・三田・泉岳寺の各駅にホームドアの設置を完了しているが、浅草線の残る15駅については、2021年秋の東銀座駅(東京都中央区)への設置を皮切りに、京成電鉄(京成)か整備する押上駅(東京都墨田区)を除いて、2023年度までの整備完了を目指すとしている。

なお、浅草線では京成や京浜急行電鉄(京急)、北総鉄道の車両も乗り入れている関係で、列車によって編成数やドア数が異なるため、開閉位置が固定された通常のホームドアを導入できない。

そこで、ドアのガラス面にドア数や編成数などの列車の情報を記録したQRコードを貼り付け、それをホームに設置されたカメラが読み取り、ドアの開閉に合わせてホームドアを開閉する方式が用いられている。

このQRコードは、東京都交通局と愛知県阿久比町(あぐいまち)に本社を置く株式会社デンソーウェーブが共同開発した「tQR」と呼ばれるもので、従来のホームドア導入で必要だった車両側の大規模改修が不要になるほか、車両側からのドア操作のみでホームドアの開閉を連動させることができることから、停車時間の延びを抑制することが可能となっている。

QRコード式のホームドアは、すでに浅草線の4駅のほか、京急や神戸市営地下鉄にも導入。JRグループではJR東海で実証実験が行なわれている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ