PIAA、WRCで引き続きトヨタをサポート…ライティング製品など供給

ヤリスWRC
ヤリスWRC全 4 枚写真をすべて見る

PIAAとトヨタ自動車は1月15日、「2021年 FIA世界ラリー選手権(WRC)」に参戦するトヨタGAZOOレーシング ワールドラリーチームにライティング製品を供給するオフィシャルテクニカルパートナーシップ契約を締結した。

PIAAは1990年、トヨタ自動車がWRCに『セリカGT-FOUR(ST165)』で参戦した際にライティング製品を供給。サファリラリーで優勝するなど、その後の『セリカGT-FOUR(ST185)』のドライバーズ&マニュファクチャラーズWタイトル獲得に貢献した。また2017年、18年ぶりに復帰参戦した際にもPIAAが製品を供給し、2018年のマニュファクチャラーズ タイトル、2019年、2020年のドライバー&コ・ドライバータイトル獲得をサポート。その実績が評価され、2021年もオフィシャルテクニカルパートナーとしてサポートすることとなった。

PIAAは2021年のWRCでもヘッドランプ、補助ランプなどを供給し、「より安全に、より速く走るための視認性UP」を図り、WRCに挑戦するトヨタGAZOOレーシング ワールドラリーチームを応援。合わせて、トヨタGAZOOレーシングWRCチャレンジプログラムでは、フル参戦する勝田貴元選手のマシンにもライティングシステムを供給する。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ