インフィニティのスポーツクーペ、「2021年ベストバリュー」賞に輝く…米国向け『Q60』

インフィニティ Q60
インフィニティ Q60全 9 枚写真をすべて見る

日産自動車の海外向け高級車ブランドのインフィニティは1月20日、スポーツクーペの『Q60』(Infiniti Q60)が、自動車調査研究会社の「ビンセントリック」から、「2021年ベストバリューインアメリカアワード」を受賞した、と発表した。

現行Q60は2016年に発表された。日産『スカイライン』に相当するインフィニティ『Q50』のクーペ版に位置付けられる。現行Q60は従来型に対して、エモーショナル性をさらに追求したデザインを採用。ダブルアーチと呼ばれるフロントグリルや、三日月状のCピラーが特徴だ。

パワートレインには、新開発の「VR30」型直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボを設定した。このエンジンは2種類の出力特性があり、高出力版は最大出力405ps、最大トルク48.4kgmを発生する。

このQ60が、自動車調査研究会社のビンセントリックから、2021年ベストバリューインアメリカアワードを受賞した。ビンセントリックは、減価償却、保険、修理、メンテナンス、燃費、税金などのコストを考慮しながら、所有した際のコスト効率の高い「ベストバリューモデル」を毎年選んでいる。

なお、インフィニティQ60は、ラグジュアリークーペセグメントにおいて、所有した際のコスト効率の高いベストバリューモデルに選出されている。

《森脇稔》

ピックアップ