MaaSアプリにシェアサイクルを導入、日本ユニシスなど実証実験へ

シェアサイクルポート
シェアサイクルポート全 3 枚写真をすべて見る

日本ユニシスは1月21日、シェアサイクルを手がけるきゅうべえ、大津市とMaaS(モビリティアズアサービス)アプリ「ことことなびサイクル」を活用した乗り捨て型レンタサイクルの実証実験を2月1日から開始すると発表した。

MaaSアプリ「ことことなびサイクル」は、シェアサイクルが1日乗り放題となるデジタルチケットの販売や、観光案内、飲食店・観光施設などで利用できるクーポンなどを提供する。

withコロナ時代の「安心・安全」な市内観光を提案して観光客誘致と地域消費を促すほか、通勤や通学など生活の足として利用を促進して、公共交通の補完やラストワンマイルの解消を目指す。

今回の実証実験を通じて、withコロナを意識した屋外での移動による新しい観光モデルの造成や2021年度以降の本格運用に向けたビジネスモデルを検討する。

配信は3月21日まで。シェアサイクル1日乗り放題デジタルチケットは500円。

《レスポンス編集部》

ピックアップ