フォードモーターとグーグルが新たな提携…「Android」を2023年から車載化へ

新たな提携を結んだフォードモーターとグーグル
新たな提携を結んだフォードモーターとグーグル全 3 枚

フォードモーター(Ford Motor)は2月1日、グーグル(Google)と新たな提携を結び、2023年からグーグルの「Android」を車載化すると発表した。

2023年から、全世界のフォード車とリンカーン車の顧客は、Androidオペレーティングシステムをベースとし、地図と音声テクノロジーを含むGoogleのアプリとサービスが組み込まれた独自のデジタルサービスを利用できるようになる。

例えば、「Googleアシスタント」を使用すると、ドライバーは走行中でも、音声コマンドによって安全に各種システムを操作することができる。ナビゲーションに「Googleマップ」を使用すると、ドライバーはリアルタイムの交通状況、自動ルート変更、車線案内などの情報により、目的地にスムーズに到着できる。

また、「Google Play」を使用すると、ドライバーは音楽、ポッドキャスト、オーディオブックなどを聴くためのお気に入りのアプリに、車内からアクセスできるようになる。これらのアプリは、車載用に最適化され、インフォテインメントシステムに組み込まれる。

フォードモーターの車載インフォテインメントフォードモーターの車載インフォテインメント

さらにフォードモーターは、データ、人工知能(AI)、機械学習におけるグーグルのノウハウを活用するために、「Google Cloud」を優先クラウドプロバイダーに指名した。グーグルは、優先クラウドプロバイダーとして2021年後半から、フォードモーターがGoogle CloudのAI、機械学習、データ分析テクノロジーを活用して、自動車メーカーのデジタルトランスフォーメーションを加速し、Google Cloudで接続された車両テクノロジーを強化するのを支援する、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. 土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌
  3. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  4. トヨタ カローラクロス、欧州発表…日本と異なるフロントマスク
  5. 自動車衝突安全技術を採用した自転車ロック、アイシン高丘が開発 12月10日より先行予約
  6. ハーレー最後の空冷スポーツスター? 日本限定『フォーティーエイト ファイナルエディション』発表
  7. デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正
  8. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  9. 【メルセデスベンツ EQA 新型試乗】航続距離は422km。普通に使える感じはするけれど…中村孝仁
  10. 旧車ファン、2割は個人売買で購入…最多価格帯は「201万~500万円」
ランキングをもっと見る