鵡川-様似間の廃止まであと2カ月…日高本線のホーロー駅名板風入場券を発売

アクリルで造られたホーロー駅名板風入場券が台紙にセットになった「日高本線(苫小牧~様似)記念入場券」。JR北海道では「発売状況等により在庫切れとなる場合がございますので、郵送でのお申し込みをおすすめいたします」とアナウンスしている。発送は3月以降に順次行なわれる。なお、券番0001~0010は日高本線の関係者へ寄贈される。
アクリルで造られたホーロー駅名板風入場券が台紙にセットになった「日高本線(苫小牧~様似)記念入場券」。JR北海道では「発売状況等により在庫切れとなる場合がございますので、郵送でのお申し込みをおすすめいたします」とアナウンスしている。発送は3月以降に順次行なわれる。なお、券番0001~0010は日高本線の関係者へ寄贈される。全 4 枚写真をすべて見る

JR北海道は2月2日、日高本線記念入場券を発売すると発表した。

4月1日の鵡川~様似間廃止が決定した同線を記念したもので、ホームの柱に掲示しているホーロー駅名板をイメージした、苫小牧~様似間全駅の大人用入場券がセットになっている。

発売額は5800円で、2月26日から苫小牧・静内の各駅で発売するが、2月21日必着で郵送での先行申込みも受け付ける(送料710円、2月21日必着)。

なお、郵送申込みでは「北の大地の入場券」のうち、苫小牧・新冠・静内・浦河・様似の各駅分がセットになったもの(1000円)も同送で受け付ける。

日高本線汐見駅日高本線汐見駅

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ