アバルト 595、ヤマハMotoGP仕様の限定モデル発売

アバルト595モンスターエナジー・ヤマハ
アバルト595モンスターエナジー・ヤマハ全 8 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、アバルト『595』シリーズに、ヤマハMotoGPファクトリーマシンをイメージした「595モンスターエナジー・ヤマハ」を設定し、2月2日より60台限定で予約受付を開始する。

595モンスターエナジー・ヤマハは、2015年から続いているアバルトとモンスターエナジー、およびヤマハファクトリーレーシングとのコラボレーションにより実現した世界限定2000台の特別仕様。最高出力165psを発揮する高性能バージョン『595ピスタ』をベースとし、モンスターエナジー・ヤマハMotoGPのファクトリーマシン『YZR-M1』をオマージュしたボディカラーをはじめ、限定車ならではの特別な仕様・装備を採用する。

エクステリアは、ネロスコルピオーネ(ブラック)とブルポディオ(ブルー)を組み合わせた特別なビコローレ(2トーン)を採用。さらにモンスターエナジーのアイコンである「クロー(爪痕)」のボンネットステッカーやボディサイドのヤマハファクトリーレーシング・ロゴにより、ファクトリーマシンの雰囲気を再現している。

アバルト595モンスターエナジー・ヤマハアバルト595モンスターエナジー・ヤマハ
インテリアには、モンスタークローおよびヤマハファクトリーレーシング・ロゴをあしらったブルーアクセントカラー入りの専用スポーツシートのほか、ブラックを基調にブルーラインを施した専用インストルメントパネル、専用フロアマットを採用。また、センターコンソールには限定車専用のシリアルプレートを備える。

さらに高性能エキゾーストシステム「レコードモンツァ」を特別装備するほか、ブラック塗装の専用17インチアルミホイール、ブラック仕上げのブレーキキャリパーにより、足回りも精悍に仕上げている。

価格は右ハンドル・ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(限定20台)が357万円、右ハンドル・5速MT(同20台)および左ハンドル・5速MT(同20台)が各340万円。申し込み受付は特設サイトにて行い、応募多数の場合は抽選となる。
アバルト595モンスターエナジー・ヤマハアバルト595モンスターエナジー・ヤマハ

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ