中期的な社会資本整備・交通政策のあり方を議論 国交省

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は2月1日、中期的な社会資本整備・交通政策のあり方を示した案について具体的議論を進めると発表した。

国土交通省では、2月8日に、社会資本整備審議会計画部会・交通政策審議会交通体系分科会計画部会の合同会議を開催する。

今回は、新しい社会資本整備重点計画、新しい交通政策基本計画の案について、専門的見地から議論を進める。

計画では、災害時の交通機能の確保などの自然災害から国民の命と暮らしを守る社会づくりや、安全な移動空間の整備、新技術活用によるインフラメンテナンスの高度化・効率化などについて重点的に進める見通し。

社会資本整備審議会計画部会・交通政策審議会交通体系分科会計画部会のメンバー社会資本整備審議会計画部会・交通政策審議会交通体系分科会計画部会のメンバー

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ