KTMジャパン、スモールデュークシリーズなど2021ストリートモデル5車種発売へ

KTM スモールデュークシリーズ(イメージ)
KTM スモールデュークシリーズ(イメージ)全 14 枚写真をすべて見る

KTMジャパンは、2021年ストリートモデル5機種、『125デューク』『250デューク』『390デューク』『RC390』『390アドベンチャー』を2月より発売する。

スモールデュークシリーズは、パンチのあるシングルエンジンやWP製サスペンション、BYBRE(ブレンボOEM)製ブレーキシステムなどで、街乗りからワインディングまで楽しめるバイク。2021年モデルはグラフィックを一新し、スタイリッシュな外観に磨きをかけた。125デュークと250デュークにはシルバーとブラックの2色、390デュークにはシルバーとホワイトの2色をラインアップ。また390デュークは新たにクイックシフター+(アップ&ダウン)をオプションで設定した。

RC390は「RC」の文字を大胆にデザインした新しいグラフィックを採用。卓越したパフォーマンスをより強く表現している。

価格は125デュークが53万9000円、250デュークが59万9000円、390デュークが65万9000円、RC390が67万9000円、390アドベンチャーが77万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ