【VW ゴルフ 新型】日本で受注開始---デジタル化、電動化、運転支援システムが大幅進化

VW ゴルフ 新型
VW ゴルフ 新型全 8 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、年内に国内発表を予定している新型『ゴルフ』の先行受注を2月9日より開始した。

これに伴い、VGJでは新型ゴルフのティザーサイトを公開。全国のVW正規ディーラーでは、新型ゴルフの特徴を解説するスペシャルティザーリーフレットの配布を開始した。

新型ゴルフは、より低く、伸びやかで、ダイナミックにデザインされ、現行モデル同様に使いやすさにこだわったボディサイズを実現。さらに、「デジタル化」「電動化」「運転支援システム」において大幅な進化を遂げた。

デジタル化では最新のデジタル技術を投入し、クラスを超えたデジタルインターフェースを採用する。10.25インチの液晶ディスプレイを採用したデジタルメータークラスター「デジタルコクピット プロ」を全車に標準装備し、そのすぐ横にインフォテイメントシステムを配置。視認性を高め、スッキリとしたコックピットを実現している。

電動化では、VW初となる48Vマイルドハイブリッドシステムを採用し、モーターのアシストによってスムーズな発進や加速を実現。運転支援システムでは、ドライバーが運転中に意識を失うなど、万が一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト」などVW初の最新テクノロジーを採用し、安全性を高めている。

日本導入の新型ゴルフは、排気量1.0リットルの「eTSI アクティブ」、1.5リットルの「eTSI スタイル」「eTSI R-ライン」の3グレードを展開。いずれも48Vマイルドハイブリッドシステムを採用する。ボディカラーは新色のライムイエローメタリックを含む全8色を設定する。

VGJでは3月31日までに早期予約した人全員に、オプション費用5万円をサポートするスペシャルキャンペーンを展開。さらに早期予約した人の中で、現在乗っている車が4月末までに車検を迎える人については、買い替えを前提として、オプション費用のサポートとは別に車検費用10万円をサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ