ヤマハ発動機、二輪車の生産を再配置…浜松市の2工場を磐田市本社工場に集約

本社および周辺工場の生産拠点集約・再配置
本社および周辺工場の生産拠点集約・再配置全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は2月12日、浜北工場、中瀬工場(いずれも浜松市)の二輪車生産機能を磐田市本社工場に集約・再配置すると発表した。

ヤマハ発動機は、グローバルに進める生産拠点構造改革の一環として、生産効率と市場追従性の向上を目的に、2020年から磐田本社工場および周辺工場の生産機能の再配置を進めている。今回、浜北工場および中瀬工場の二輪車生産機能を磐田市本社工場に集約・再配置することを決定。2022年から順次開始し、2024年中の完了を予定している。

具体的には、浜北工場の二輪車・マリンエンジン製品に関わる鉄物部品加工を、磐田本社工場および周辺工場に再配置。浜北工場は、移管完了後に閉鎖・売却を予定している。中瀬工場は二輪車部品の樹脂塗装を磐田本社工場に集約。今回の集約・再配置により、本社周辺の二輪車・マリンエンジン生産拠点は現状の6サイトから5サイトになる。

ヤマハ発動機では、今回の集約・再配置により汎用化・自動化ラインの構築を進め、市場変化への対応を強めるとともに、多品種な製品ニーズへ対応する。また、本社工場周辺への集約により市場への商品供給リードタイムを短縮。生産機能の集約により生産活動全体の効率の向上を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ