シボレー ボルト EV、電動SUV「EUV」派生…航続は最大402kmに

車台やEVパワートレインを新型ボルトEVと共有

モーターは最大出力200hp

バッテリーの充電を支援する新システム

ハンズフリーの部分自動運転が可能なシボレー初の「スーパークルーズ」

シボレー・ボルト EUV
シボレー・ボルト EUV全 15 枚写真をすべて見る

GMのシボレーブランドは2月14日、『ボルトEUV』(Chevrolet Bolt EUV)を米国からデジタルワールドプレミアした。

車台やEVパワートレインを新型ボルトEVと共有

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

ボルトEUVは、同時にデジタルワールドプレミアされた小型5ドアハッチバックEVの新型『ボルトEV』から派生した電動SUVだ。車名の「EUV」とは、エレクトリック・ユーティリティ・ビークルを意味する。

ボルトEUVと新型ボルトEVは、車台やEVパワートレインを共有している。しかし、両車の間でボディパネルは共有されていない。ボルトEUVは、新型ボルトEVに対して、全長がおよそ150mm長い。

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

ボルトEUVは、モダンで筋肉質なデザイン、広々としたインテリア、充分な後席レッグルームを備えており、成長を続ける小型SUVセグメントにおいて、独自の個性を追求する。フロントには、スカルプテッドグリルとシグネチャーライトを採用した。LEDヘッドランプとシーケンシャルターンシグナルインジケーターを兼ねる「ハイアイ」デイタイムランニングライトが装備されている。

ボルトEUVには、シボレーのSUVに共通するデザイン要素として、フロントマスクからボンネットフードの中央を貫くラインと、車両が静止している時でも躍動感を追求した水平基調のボディラインがある。ルーフレールも標準装備した。

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

ボルトEUVの室内は、新型ボルトEVに対して、後席足元の空間をおよそ76mm拡大した。パノラマパワーサンルーフに加えて、ヒーターと換気機能付きのフロントシートが選択できる。

モーターは最大出力200hp

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

EVパワートレインは、モーターが最大出力200hp、最大トルク36.8kgmを発生する。ほぼ瞬時にトルクを発揮するシングルモータードライブユニットになるという。ワンペダルドライビングでは、ドライバーはアクセルペダルのみを使用して加減速が行える。

リチウムイオンバッテリーは、蓄電容量が65kWhとした。これにより、フル充電で最大402kmの航続が、米EPA(環境保護局)から認定される見込みという。

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

バッテリーシステムは、冷却剤を使用してバッテリーを理想的な動作温度に維持するアクティブ熱管理システムを備えている。このテクノロジーによって、新車登録から8年間/走行16万kmのバッテリーシステム保証を可能にしているという。

バッテリーの充電を支援する新システム

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

バッテリーの充電に関しては、DC急速チャージ機能を標準装備した。これにより、152kmの航続に必要なバッテリー容量を、約30分で充電することができる。

「シボレーEVアクセスパッケージ」により、ユーザーは車両の充電状況やバッテリーの充電レベルをスマートフォンで確認したり、「myChevrolet」アプリ経由で充電完了通知を受け取ったりすることができる。myChevroletアプリのエネルギー機能は、リアルタイムで利用可能な充電ステーションを表示し、ドライブ計画を支援する。

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

新開発のデュアルレベル充電コードが、標準装備されている。レベル1の充電用の120Vの3極コンセントと、最大7.2kWのレベル2の充電用の240Vコンセントの両方に対応する。これにより、多くの顧客が、自宅に新たな充電器を設置する必要がなくなるという。

ハンズフリーの部分自動運転が可能なシボレー初の「スーパークルーズ」

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

ハンズフリーの部分自動運転が可能な「スーパークルーズ」を、シボレーブランド車で初採用する。スーパークルーズは、地図情報データベース、ライダー(LiDAR)、高精度GPS、最新のドライバーアテンションシステム、カメラとレーダーセンサーのネットワークを組み合わせたもの。ユーザーは、米国とカナダの延べ32万kmの高速道路を、ハンズフリーで走行することができる。

スーパークルーズは、ドライバーアテンションシステムや高精度のLiDARマップデータなど、多くの高度なテクノロジーを採用している。ドライバーアテンションシステムは、ステアリングコラムの上部にある小さなカメラを使用し、赤外線ライトと連動して、スーパークルーズが作動している場合に、ドライバーがどこを見ているかを判断する。

シボレー・ボルト EUVシボレー・ボルト EUV

ドライバーアテンションシステムが、ドライバーの視線が前方の道路から逸れていることを検出すると、ステアリングホイールのライトバーが、ドライバーに警告を発する。ドライバーが継続的な注意散漫状態にあると判断された場合、システムは視覚的および音響的な警告を使用して、ステアリングホイールを手動で制御するよう、ドライバーに通知する。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  6. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る