大雪の影響で函館本線札幌以北などが麻痺状態…札幌-岩見沢間は18時頃まで運行見合せ

函館本線岩見沢駅構内の降雪状況(2月24日8時30分時点)。
函館本線岩見沢駅構内の降雪状況(2月24日8時30分時点)。全 4 枚写真をすべて見る

JR北海道では大雪の影響で、函館本線札幌~旭川間を中心に運行見合せが相次いでいる。

2月24日9時38分時点で、石狩市・当別町・新篠津村・岩見沢市に18時頃までを目途に大雪警報が発令されており、JR北海道は、函館本線札幌~岩見沢間と札沼線(学園都市線)で18時頃まで、函館本線岩見沢~旭川間と室蘭本線岩見沢~追分間で終日、運行を見合わせる。

これにより、特急は札幌~旭川間の『ライラック』『カムイ』をはじめ、札幌~網走間の『オホーツク』、旭川~網走間の『大雪』、札幌~稚内間の『宗谷』、旭川~稚内間の『サロベツ』に運休が発生している。『大雪』と『サロベツ』は運休区間から外れているが、車両が札幌発着の『オホーツク』『宗谷』と共通運用のため運休となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ