名鉄が急行で初めて特別車を営業…新鵜沼発の平日急行2本で 3月15日から

名鉄の一部特別車編成は1000系+1200系、2200系、1700系+2300系で運行されている。写真は1700系+2300系編成(前2両が特別車1700系)。
名鉄の一部特別車編成は1000系+1200系、2200系、1700系+2300系で運行されている。写真は1700系+2300系編成(前2両が特別車1700系)。全 6 枚写真をすべて見る

名古屋鉄道(名鉄)は3月5日、一部の急行で3月15日から特別車を営業すると発表した。

名鉄の空港特急、快速特急、特急では、JRのグリーン車に相当する座席指定制の「特別車」が営業されており、名鉄名古屋~中部国際空港間で運行している空港特急『ミュースカイ』は全車が特別車、それ以外の快速特急や特急は普通車に相当する「一般車」を併結した一部特別車編成となっている。

一部特別車編成は急行でも間合いで運用されることがあるが、その場合、従来は特別車が締切扱いとなっていた。しかし、今回、「一部特別車特急車両を使用する急行列車を活用し、通勤時間帯の着席サービス拡大を図るため」として、平日の新鵜沼6時発豊川稲荷行き、新鵜沼6時16分発河和行き急行で特別車が営業されることになった。

これらの列車の特別車両券(ミューチケット)は3月13日から発売され、乗継ミューチケットや5月以降に利用できるミュー定期券の対象となる。発売額は空港特急、快速特急、特急と同じく1乗車360円(大人・子供同額)。

特別車1700系の車内。特別車1700系の車内。

なお、名鉄では急行での利用に際し、「駅の行先表示器や時刻表では、この列車が『一部特別車』であることの案内はありません。また、この列車の特別車の側面には、『締切』と表示されますが、ミューチケットをお求めのうえ、ご利用ください」とアナウンスしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  4. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  5. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  6. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  7. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  8. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  9. フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始
  10. トヨタ ランドクルーザー 新型、納期は1年以上になる見通し
ランキングをもっと見る