BMW X4 改良新型プロト、内装を激写!大型タッチスクリーンの存在も確認

BMW X4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW X4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 19 枚

BMWのミドルクラスSAC(スポーツア・クティビティ・ビークル)『X4』改良新型プロトタイプのインテリアを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

2020年9月にX4改良新型プロトタイプを初めて捉えて以来、カモフラージュのレベルに大きな変化はない。ただし、若干大型化されることが予想されるキドニーグリルや、よりスリムになったヘッドライト、グラフィックが刷新されるLEDデイタイムランニングライトやテールライトの一部が確認できる。

BMW X4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X4 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
注目はインテリアだ。ステアリングホイールの後ろにデジタルインストルメントパネルが見てとれるほか、スポークデザインが一新されていることもわかる。また、より大型化されたインフォテイメントディスプレイを装備し、小型化されたギアシフター、リフレッシュされたセンターコンソールのコントローラーも確認できる。

よく見ると、デジタルインストルメントクラスタに偽装されていない「X4 M40i」のグラフィックが映し出されているが、クオリティが低く現行型のようだ。

パワートレインは、最高出力251ps、最大トルク350Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、最高出力387ps、最大トルク499Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジン搭載の「M40i」などがラインアップされるはずだ。

X4改良新型のデビューは、『X3』と合わせて2021年内に期待できそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  4. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る