プジョーが新電動化戦略…EVやPHVを全ラインナップに設定、2023年までに

車だけでなくスクーターや自転車も電動化

EVモードの航続が最大340kmのe-208

バッテリーの8割を30分で充電できるe-2008

2種類のPHVを設定する3008

高性能PHVの『508プジョースポール・エンジニアード』

プジョーの電動モデルのラインナップ
プジョーの電動モデルのラインナップ全 26 枚写真をすべて見る

ステランティス傘下のプジョー(Peugeot)ブランドは3月11日、新たな電動化戦略の「パワー・オブ・チョイス」を発表した。2023年までに、全ラインナップの電動化を目指す、としている。

車だけでなくスクーターや自転車も電動化

プジョー e-208プジョー e-208

プジョーは、モビリティプロバイダーとして、さまざまな電動車両で、顧客の移動の自由を実現していく。コンパクトカーからSUV、商用車、スクーター、自転車に至るまで、プジョーブランドの全ラインナップが、電動化戦略において重要な役割を果たすという。

パワー・オブ・チョイス戦略は、今後のプジョーの技術面の重要な柱のひとつとなる。新世代の電動車は、デザイン、快適さ、装備、広さ、積載量、運転の楽しさを犠牲にすることなく、顧客にニーズと用途に最適な電動パワートレインを提供していく。

プジョー e-208プジョー e-208

例えば、乗用車では、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)として、『208』ベースのEV『e-208』、『2008』ベースのEV『e-2008』、『3008』ベースのPHV『3008ハイブリッド』、『508』ベースのPHV『508ハイブリッド』と『508 SWハイブリッド』を設定している。これらの電動モデルはすべて、それぞれのガソリンおよびディーゼルエンジン搭載車と同じ室内スペースや先進運転支援システム(ADAS)を持つ。

EVモードの航続が最大340kmのe-208

プジョー e-208プジョー e-208

新型208に初設定されたのが、EVのプジョーe-208だ。プジョーe-208は、「e-CMP」と呼ばれる電動モジュラー車台をベースに開発された。EVパワートレインは、モーターが最大出力136hp、最大トルク23.5kgmを発生する。バッテリーは、蓄電容量が50kWhと大容量だ。この効果で、1回の充電で最大340km(WLTPサイクル)の航続を備える。

バッテリーの充電は、家庭用コンセントでおよそ16時間だ。三相コンセントでおよそ5時間15分。出力100kWの急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの8割の容量をおよそ30分で充電できる。3種類のドライブモードとして、「エコ」「ノーマル」「スポーツ」を採用した。このうち、スポーツではパフォーマンスが重視され、0~100km/h加速は8.1秒の性能を発揮する。

プジョー e-208プジョー e-208

バッテリーの8割を30分で充電できるe-2008

プジョーe-2008のEVパワートレインは、モーターが最大出力136hp、最大トルク26.5kgmを引き出す。バッテリーは、蓄電容量が50kWhと大容量だ。1回の充電で、最大320km(WLTPサイクル)の航続を可能にしている。

プジョー e-208プジョー e-208

バッテリーの充電は、一般的な出力7.4kWの充電器で8時間だ。出力11kWの充電器を使えば、およそ5時間で完了する。出力100kWの急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの80%の容量をおよそ30分で充電できる。

プジョーe-2008は、3種類のドライブモードを持つ。「エコ」、「ノーマル」、「スポーツ」だ。このうち、スポーツではパフォーマンスが重視される。最高速は150km/hだ。e-2008では、通常はセレクターを「D」にして走行する。セレクターを「B」にすると、アクセルを戻した際、より強めの回生ブレーキが作動する。

プジョー e-208プジョー e-208

2種類のPHVを設定する3008

3008のPHVには、標準仕様の2WD(FF)の「3008ハイブリッド225e」と、高性能4WDバージョンに位置付けられる「3008ハイブリッド4 300e」の2グレードを用意した。トランスミッションは、PHV専用の8速AT「e-EAT8」を組み合わせている。

プジョー e-2008プジョー e-2008

FFの3008ハイブリッド225eでは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「ピュアテック」エンジンが、最大出力180hp/5500rpm、最大トルク30.6kgm/3000rpmを発生する。フロントに置かれるモーターは最大出力が110hpで、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、225hpのパワーと36.7kgmのトルクを引き出す。動力性能は0~100km/h加速が8.7秒、最高速が225km/hだ。

二次電池(バッテリー)はリチウムイオンで、蓄電容量は13.2kWh。EVモードは56km(WLTP計測)とした。燃費は76.9km/リットル、CO2排出量は30g/kmと公表されている。

プジョー e-2008プジョー e-2008

4WDの3008ハイブリッド4 300eでは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンが、最大出力200hp/6000rpm、最大トルク30.6kgm/3000rpmを発生する。フロントに置かれるモーターは最大出力が110hp、リアに置かれるモーターは最大出力が113hpで、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、300hpのパワーと53kgmのトルクを引き出す。動力性能は0~100km/h加速が5.9秒、最高速が235km/hだ。

バッテリーは、蓄電容量13.2kWh のリチウムイオンだ。EVモードでは、最大59km(WLTP計測)をゼロエミッション走行できる。この効果で、燃費は83.3km/リットル、CO2排出量は29g/km(いずれもWLTP計測)と優れた環境性能を実現している。

プジョー e-2008プジョー e-2008

走行モードは、エレクトリックモード、スポーツモード、ハイブリッドモードの3種類だ。3008ハイブリッド4 300e には、4WDモードが追加され、4種類から切り替えられる。バッテリーの充電は、標準コンセントでおよそ7時間だ。急速チャージャーも利用でき、充電はおよそ1時間45分で完了する。

高性能PHVの『508プジョースポール・エンジニアード』

プジョー e-2008プジョー e-2008

高性能なPHVが、『508プジョースポール・エンジニアード』だ。プジョーは、508に電動モデルの『508ハイブリッド』を設定している。508プジョースポール・エンジニアードは、508ハイブリッドをベースに、スタイリングと動力性能を向上させたモデルになる。ボディはセダンの「ファストバック」と、ワゴンの「SW」が用意されている。

PHVパワートレインは、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「PureTech」エンジンが、最大出力200ps/6000rpm、最大トルク30.6kgm/3000rpmを獲得する。フロントとリアに置かれるモーターは、フロント側が最大出力110ps、リア側が最大出力113psを発生する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体のパワーは360ps、トルクは53kgmで、4輪を駆動する。強力なPHVパワートレインの効果で、0~100km/h加速は5.2秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

プジョー e-2008プジョー e-2008

バッテリー(二次電池)は、蓄電容量11.5kWhのリチウムイオンだ。EVモードでは、最大42km(WLTP計測)をゼロエミッション走行できる。燃費は49.3km/リットル、CO2排出量は46g/kmとした。バッテリーの充電は、標準的な家庭用コンセントで7時間以内、16アンペアの充電器で4時間、32 アンペアのウォールボックスで2時間以内とした。

5種類の走行モードが、センターコンソールのモードセレクターで切り替えられる。「エレクトリックモード」は、100%電気駆動となり、都市部のグリーンゾーンにアクセスでき、最高速140km/hまでゼロエミッション走行が可能だ。

プジョー e-2008プジョー e-2008

「ハイブリッドモード」は、状況に応じてエンジンと電気モーターの動力源を自動的に選択し、エネルギー消費を最適化する。「コンフォートモード」は、ハイブリッドモードでさらにサスペンションをソフトにし、快適な走りを実現する。

「スポーツモード」は、360psのパワーでドライビングプレジャーを味わえるモードだ。ステアリング、ショックアブソーバー、アクセレーションマッピング、エンジンサウンドを統合制御する。つねに最高のパワーを発揮できるよう、エンジンがバッテリーを確実に充電する。「4WDモード」は、滑りやすい路面状況でも最大限のトラクションを確保する。3モード可変ショックアブソーバーは、コンフォート、ハイブリッド、スポーツの各モードで最適化されている。

プジョー 3008 ハイブリッドプジョー 3008 ハイブリッド

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  9. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る