レベル3の遠隔型無人自動運転サービス、永平寺町で

主な自動運行装置の構成
主な自動運行装置の構成全 2 枚写真をすべて見る

経済産業省と国土交通省は3月23日、福井県永平寺町でレベル3の認可を受けた遠隔型自動運転システムによる無人自動運転移動サービスが3月25日から開始されると発表した。

両省は福井県永平寺町で遠隔型自動運転システムによる自動運転車の実証実験を進めてきた。昨年12月からは遠隔地にいる1人が3台の自動運転車を常時監視・操作する形でレベル2での試験運行を実施した。

その後、車両の高度化を進め、今回、自動運転車に搭載する遠隔型自動運転システムが国内で初めて、一定条件範囲内で運転者に代わってシステムが運転操作する「レベル3」の遠隔監視・操作型自動運行装置として認可を受けた。この自動運転車を用いた本格運行を3月25日から開始する。

認可された自動運行装置「ZENドライブパイロット」は道路に敷設した電磁誘導線上を追従しながら周辺の交通状況を監視するとともに、運転者に代わって運転操作し、最大速度12km/hで自動走行する。

遠隔監視・操作室遠隔監視・操作室

今回、レベル3にアップグレードすることで3台の自動運転車が作動継続困難な場合を除いて遠隔にいる運転手は常時監視しなくてよくなり、運転の負担が軽減される。これに伴って、安全確保のため乗車していた保安要員を外した運用とする。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ