「レベル3」レジェンドに初試乗、「人の気持ちを汲みとる」ホンダセンシングエリートの実力とは

「トラフィックジャムパイロット」を使い、渋滞中の高速道をハンズオフで走行するホンダ レジェンド
「トラフィックジャムパイロット」を使い、渋滞中の高速道をハンズオフで走行するホンダ レジェンド全 24 枚写真をすべて見る

2021年3月5日、「Honda SENSING Elite(ホンダセンシングエリート)」を搭載したホンダ『レジェンド』が発売となった。

なかでも注目なのは、渋滞運転機能「トラフィックジャムパイロット」だ。国土交通省により、自動運行装置として型式指定をうけた「自動運転レベル3(限定領域での条件付自動運転車)」に適合する先進技術であり、今回のレジェンドが、世界初の実用化となる。

「レベル2」と「レベル3」では、技術レベルは大きく異なり、またその意味合いも大きく変わってくる。「レベル3」の制御の元で、万が一事故が起きた場合、責任の主体が「クルマ」となるためだ。世界中のメーカーが他社をけん制していたこのタイミングで、世界初を実現できたのは、ホンダと、そしてそれを認可した国土交通省の努力の賜物であろう。

今回、ホンダセンシングエリートを搭載した新型レジェンドへの試乗が叶った。本稿では、その模様をお伝えしていくとともに、試乗会の場でホンダエンジニアから聞いた「開発秘話」についても紹介する。ホンダは、この「レベル3」開発によって、メーカーとして、かけがえのない「ギフト」を得たという。

安心して任せられる「ハンズオフ」機能

分解能に優れたライダーセンサーを5台(前左・右2台、後ろ左・右・中央3台)、雨など環境変化の影響を受けにくいミリ波レーダーセンサーを5台、さらにフロントセンサーカメラを2台備えている。分解能に優れたライダーセンサーを5台(前左・右2台、後ろ左・右・中央3台)、雨など環境変化の影響を受けにくいミリ波レーダーセンサーを5台、さらにフロントセンサーカメラを2台備えている。
「ホンダセンシングエリート」という特別な名がつけられてはいるが、従来の「ホンダセンシング」技術の延長上にある制御と理解していい。

「ホンダセンシングエリート」の主な特徴は、「車線内運転支援機能」、「車線変更支援技術」、「高度車線変更支援機能」、そして「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」だ。前3つには「支援」という文字が入っている通り、あくまでドライバーが前方注視した状態で機能する「レベル2」。冒頭でも触れたように、「トラフィックジャムパイロット」が、自動運転レベル3に該当する機能だ。ちなみにACCで設定できる上限車速は125km/h、制御は前走車が停止するまで追従し、停止後3秒以内であれば復帰もする。

ホンダ レジェンド 改良新型のバンパーに設置されたセンサーホンダ レジェンド 改良新型のバンパーに設置されたセンサー
さっそく、新型レジェンドを拝見。リアに貼られた「自動運転車の認定ステッカー」が輝かしい。プラチナホワイトパールのボディには、いたるところにカメラやセンサーが装着されており、ブラックアウト化し、ある程度隠されてはいるが、物々しい姿だ。

3次元高精度地図や、全球測位衛星システムのデータに加え、自車位置や先の道路状況を正確に把握し、かつ、外界認識用センサーで自車周辺360度を検知、ドライバーの状態も常時モニターしている。すべては安全のため。これほどの重装備となるのが「自動運転レベル3」の姿だと、改めて驚かされた。

ハンズオフ…までは「プロパイロット2.0」や「アイサイトX」と変わらない

渋滞運転機能作動時にはステアリングやダッシュボードなどが水色に光る渋滞運転機能作動時にはステアリングやダッシュボードなどが水色に光る
渋滞が発生している首都高速湾岸線へ走り出す。高速道路や自動車運転道で、ACC(アダプティブクルーズコントロール機能)やLKAS(レーンキープアシストシステム)が作動中に一定の条件を満たすと、ステアリングホイールやメーター、ナビ画面上部、助手席、そしてダッシュボードパネル隙間のLEDがブルーに発光し「ハンズオフ」ができるようになる(ただし、首都高速C1線など使用出来ない高速道もある)。助手席に乗っている人も、オン状態をひと目で認知できるのは、ありがたい。

ハンズオフしてしまえば、前を向いてさえいれば、静粛性が高いレジェンドはスイスイと進む。わき見や手元など、よそ見をするとすぐに警告音はなるが、即座にハンズオフが解除されることはない。ここまでは、日産『スカイライン』の「プロパイロット2.0」や、高速道路上の渋滞時のみにハンズオフできるBMWやアイサイトXと、そう感覚は変わらない。

今回は、「車線変更支援技術」、「高度車線変更支援機能」に関しては、試乗時の道路交通状況が適切ではなかったため、安全面を考えて実行しなかった(渋滞運転機能にとってはベストだったが)。後者は、クルマが「能動的にレーンチェンジを実行し、追い抜きをして、元の車線へ戻る」までを自動で行う機能だという。また別の機会に、ぜひとも体験してみたい。

「elite(エリート)」の名にふさわしい制御

「トラフィックジャムパイロット」作動中にはスマホの使用やDVDの視聴も可能。ただ「すぐに復帰できる状態にある」ことが条件。「トラフィックジャムパイロット」作動中にはスマホの使用やDVDの視聴も可能。ただ「すぐに復帰できる状態にある」ことが条件。
さて、注目の「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」であるが、30km/h以下になると「渋滞中」と判定し、機能オンとなる。その間、ブルーLEDは付いたまま、メーター内に「渋滞運転機能」と表示される。ハンズオフからシームレスに切り替わるので違和感などは一切ない。ナビ画面で動画を見たり、手荷物を探したり、スマホを見たりなど、自由が利くようになる。

ただし、「すぐに復帰できる状態にある」ことが作動条件のため、「目を閉じる(居眠りと判定)」や、「新聞や雑誌などで顔が見えなくなる」ようなことはできない。膝にパソコンを置いて仕事することも推奨されない(背もたれを倒しスペースを空けることはNG)。試しにスマホ操作をしてみたが、ナビ画面脇に仕込んだカメラが、ドライバーの顔を認知できないほどに下を向くようだと「アラーム」が鳴った。

ドライバーに運転への復帰を警告するメーター画面ドライバーに運転への復帰を警告するメーター画面
車速50km/hまで機能が維持されるので、渋滞速度が変動しても、ある程度は追従できる。速度が上がれば、ハンズオフのモードへとシームレスに戻るため、違和感もない。左右のクルマの流れをセンサーが確認し、合流時などには譲り合いまで行う(譲り過ぎないように設定をしてあるそうだ)。驚いたのが、車間距離の詰め方や、減速Gなどの、制御の上手さだ。「運転が上手なドライバー」に限りなく近い運転だと感じた。

これは、レジェンドのクルマとしての安定性が高いこともあるだろうが、ホンダセンシングが大きく進化しているおかげであろう。これまでのホンダセンシングと比べても、明らかにヒトの操作に近くなっており、まさに「elite(エリート)」の名にふさわしいと断言できる。

「人の気持ちを汲みとり、クルマで再現する」

ホンダ レジェンド 改良新型(ハイブリッドEX ホンダセンシングエリート)ホンダ レジェンド 改良新型(ハイブリッドEX ホンダセンシングエリート)
ホンダ先進技術研究所AD/ADAS研究開発室チーフエンジニア四竃(しかま)真人室長は、「自らが満足できるレベルにまで仕上げていった」と誇らしそうに話した。また、「最終的には、ハンズオフと車線変更支援を駆使することで、長距離出張ではストレス少なく移動できるようになった。開発チームでは、筋電図や心電図の測定も行い、その効果の程も検証済みだ。まるで目的地が近くなったように感じてもらえるまでになった」とも。

「トラフィックジャムパイロット」では、人が感じる圧迫感まで加味したレーン補正をおこなっているという。「リスクフィーリング」というホンダ独自の定量指標をモニタリングし、ACC走行中などで、横に大型車が来た場合には、同一車線内で離れるセッティングを施したそうだ。その幅、わずか7センチ。

タイヤ半分程度の幅をずらすことで、「リスクフィーリング」を軽減し、大いに安心感が得られるそうだ。また、高速の合流時に人が行っている「阿吽の呼吸」の再現などにも、ぎりぎりまでこだわったという。「人の気持ちを汲み取り、デジタルに落とし込み、クルマで再現してみせる。」ここまで加味した制御は、聞いたことが無い。とんでもない執念だ。

人が育ったことが「ギフト」

ホンダ レジェンド 改良新型(ハイブリッドEX ホンダセンシングエリート)ホンダ レジェンド 改良新型(ハイブリッドEX ホンダセンシングエリート)
今回の自動運転レベル3の開発の過程で、ホンダは「ギフトを得た」という。どこまで安全を証明したら売っていいのか、前例のない基準やプロセスをホンダ自らが先頭に立って、幾度も高度交通省と論議、合意したうえで、ドライビングシミュレーターでのテストや実車での検証結果を用意するなどを繰り返し、証明していった。その努力のおかげで、世界初の「自動運転レベル3」を取得することができた。この流れを経験できた若いホンダエンジニアたちは、大きな経験になったことだろう。つまりは、「人が育ち、開発環境を整えられたことが大きな財産」なのだ。

「今後の課題は?」という問いに対し、前出の四竃室長はこう答えた。「レジェンドとしては一旦商品化まで終えたが、ゴールした感は全くなく、開発陣としてはこれからがスタートであり、まだまだやりたいことはたくさんある」。レベル3走行できるシーンを増やしていくことが目下の課題だそうだ。その課題の大部分は、認識性能「センシング」にあるという。渋滞中の制御時よりも4倍以上にも及ぶデータを瞬時にさばいて判断する、その技術を構築中だという。

ホンダ レジェンド 改良新型(ハイブリッドEX ホンダセンシングエリート)ホンダ レジェンド 改良新型(ハイブリッドEX ホンダセンシングエリート)
また「レベル3」開発で得た知見を、「レベル2」の開発に生かすことも課題だそうだ。それにはもちろんコストの壁が登場する。それには、(1)システムを最適化し、(2)センサーの進化、(3)台数拡大によるコストダウンを行う。既に見通しは出来ているようだ。

ホンダセンシングエリートを搭載したレジェンドの車両価格は税込1100万円。しかも100台限定のリース専用販売だ。ホンダは、このモデルで儲けるつもりは毛頭ない。コストダウンするには、『フィット』や『ヴェゼル』など、より量販車に採用して「広げる」ことが必要だ。

「レベル3に近い」自動運転競争でちょっと出遅れていたホンダであるが、一躍、自動運転先進メーカーへとなった。人が安全かつ快適に移動することを突き詰め、「自動運転で世界一を取る」と決め、それに向かって突き進んできたホンダ。この勢いのまま、この1-2年以内に出てくる新車のホンダセンシングには、新たな機能が搭載されてくる可能性は非常に高い。今後のホンダには大注目だ。

ホンダ レジェンドと吉川賢一氏ホンダ レジェンドと吉川賢一氏
吉川賢一|自動車ジャーナリスト
元自動車メーカーの開発エンジニアの経歴を持つ。カーライフの楽しさを広げる発信を心掛けています。

《吉川賢一》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ