三菱ランエボ「トミマキネン」、すでに7万7500ポンドの高値…14台の入札は4月30日終了

三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション
三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション全 14 枚写真をすべて見る

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の英国部門は4月1日、保有する旧車を含めた14台のオンラインオークションの入札を開始した。このオンラインオークションは、4月30日に終了する。

14台の中には、英国で最も早く登録された三菱車として、『コルトランサー』と『コルトギャラン』が含まれている。1980年代と1990年代のフラッグシップスポーツカー、『スタリオンターボ』と『3000GT』(日本名:『GTO』)も出品される。三菱自動車の象徴的なSUVとして、初代『ジープ』と2代目『ショーグン』(日本名:『パジェロ』)もリストアップされている。

三菱自動車の代表的なパフォーマンスカーとして、3台の『ランサーエボリューション』も用意される。3台は走行距離が短く、グッドコンディションで維持されている。「トミマキネン・エディション」がオークションのハイライトとなることが見込まれるという。4月7日現在、同車には46件の入札があり、7万7500ポンド(約1177万円)の高値が付けられている。

さらに、英国でのラリー活動の功績を示す車両として、『ギャランGTi』のラリーレプリカ、『ギャランVR4』でのRACラリーの勝利を記念して1980年代後半に製作されたプロモーション車両、2007年と2008年に英国ラリー選手権を制したランサーエボリューションもラインナップされる。

三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション

なお、オンラインオークションは、4月30日に終了する予定だ。オークションは誰でも参加でき、複数の車両に入札する人のために、終了時刻を車両ごとに異なる時間に設定した、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  4. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  5. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  6. 三井ダイレクト損保、バイク保険の取扱い開始
  7. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  8. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  9. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
  10. 【スズキ 新型「Hayabusa」徹底試乗インプレッション】真の“究極”を求め大人のスポーツバイクへと華麗に進化PR
ランキングをもっと見る