三菱ランエボ「トミマキネン」、すでに7万7500ポンドの高値…14台の入札は4月30日終了

三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション
三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション全 14 枚写真をすべて見る

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の英国部門は4月1日、保有する旧車を含めた14台のオンラインオークションの入札を開始した。このオンラインオークションは、4月30日に終了する。

14台の中には、英国で最も早く登録された三菱車として、『コルトランサー』と『コルトギャラン』が含まれている。1980年代と1990年代のフラッグシップスポーツカー、『スタリオンターボ』と『3000GT』(日本名:『GTO』)も出品される。三菱自動車の象徴的なSUVとして、初代『ジープ』と2代目『ショーグン』(日本名:『パジェロ』)もリストアップされている。

三菱自動車の代表的なパフォーマンスカーとして、3台の『ランサーエボリューション』も用意される。3台は走行距離が短く、グッドコンディションで維持されている。「トミマキネン・エディション」がオークションのハイライトとなることが見込まれるという。4月7日現在、同車には46件の入札があり、7万7500ポンド(約1177万円)の高値が付けられている。

さらに、英国でのラリー活動の功績を示す車両として、『ギャランGTi』のラリーレプリカ、『ギャランVR4』でのRACラリーの勝利を記念して1980年代後半に製作されたプロモーション車両、2007年と2008年に英国ラリー選手権を制したランサーエボリューションもラインナップされる。

三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション三菱ランサー・エボリューション・トミマキネン・エディション

なお、オンラインオークションは、4月30日に終了する予定だ。オークションは誰でも参加でき、複数の車両に入札する人のために、終了時刻を車両ごとに異なる時間に設定した、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ