BMW M史上最強の635psエンジン搭載、『M5 CS』5台限定で日本導入---価格は2510万円

BMW M5 CS
BMW M5 CS全 22 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『5シリーズセダン』の高性能モデル『M5』をベースに、BMW Mモデル史上最強エンジンを搭載し、軽量化を追求した『M5 CS』を日本市場に導入。4月12日午前11時より、BMWオンラインストアにて、5台限定で発売する。価格は2510万円。納車は2021年秋頃を予定している。

BMW M5 CSは、ベースモデルとなる『M5コンペティション』にBMW M社によるCS専用チューン&スタイリングを採用した限定1100台の世界限定車。サーキットでライバルを圧倒しながらも、日常使いをも可能としており、4シーター&公道走行可能な認可モデルとしてM5最強のコンペティションモデルとなる。

軽量ボディに最高出力635psのV8ツインターボを搭載

M5 CSは、BMW Mのラインアップの中で最もパワフルなエンジンと軽量設計にこだわり、BMW M史上最もパワフルな4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。M5コンペティションを10ps上回る最高出力635psを発生する。ドライブロジック付き8速Mステップトロニックトランスミッションとの組み合わせで、0-100km/h加速は3.0秒。M5コンペティションを0.3秒上回る。

BMW M5 CSBMW M5 CS

また、M5コンペティションに比べ約70kgの軽量化に成功するとともに、専用のシャシーチューニング、アクティブMディファレンシャルを一括してインテリジェントに制御するM xDriveシステムを採用。後輪駆動を重視した基本設定の可変式4輪駆動モード(4WD)から、純粋な後輪駆動設定(2WD)へと、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)の介入なしにクルマのハンドリング特性の段階的な変更を可能にしている。

M5 CSは、M5コンペティションのシャシーをベースに7mm車高を抑え、『M8グランクーペ』用に開発されたショックアブソーバーを装備。このダンパーは、特に高速道路走行時の乗り心地を高めることに加え、ホイール荷重の変動を抑えて、限界域でのハンドリングを大きく向上させている。

BMW M5 CSBMW M5 CS

標準装備となるMカーボンセラミックブレーキは、卓越した制動力を発揮する。M5コンペティションに標準装備のMコンパウンドブレーキよりも約23kg軽量で、バネ下重量と回転質量をさらに削減しドライビングダイナミクスとサスペンション快適性を向上。制動力、耐フェード性、熱安定性が高く、耐摩耗性能にも優れている。

スポーティ感を演出する内外装

BMW M5 CSBMW M5 CS

エクステリアでは、キドニーグリルがゴールドブロンズで仕上げられており、グリル内、フロントフェンダーのMギル、ドアシルプレートには照明付きの「M5 CS」バッジを備える。エンジンフードは全体がCFRP製で、エアベントはカーボンファイバー模様仕上げ。フロントエプロンのスプリットル、ドアミラーキャップ、リヤスポイラーおよびリヤディフューザーもCFRP製。これらのパーツは空力的機能に加え、軽量化の実現に寄与している。

インテリアはフロントにCS専用のカーボンバケットシートを装着すると同時に、リヤシートもCS専用の軽量2座独立シートとすることで、大幅な軽量化を実現している。CS専用のMアルカンタラステアリングにはカーボン製のシフトパドルスイッチを装着。ダークカーボンアルミインテリアトリムやドアシルプレートの「CS」ロゴとあいまってドライバーにレーシングフィールドさながらのスポーティ感を演出している。

BMW M5 CSBMW M5 CS

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ