マクラーレン、世界限定149台の新型ロードスター『エルバ』展示へ…ジャパンボートショー2021

マクラーレン・エルバ
マクラーレン・エルバ全 7 枚写真をすべて見る

マクラーレン・オートモーティブは、4月15日から18日まで横浜ベイサイドマリーナで開催される「ジャパン・インターナショナルボートショー2021」にアルティメットシリーズの新型ロードスター、マクラーレン『エルバ』を展示する。

エルバの名称は、1960年代にマクラーレンが設計したレーシングマシン「M1A(マークI)」、「M1BマークII」、「M1CマークIII」にちなんだもの。ルーフ、フロントウインドスクリーン、サイドウィンドウを未装備としながら、ドライバーを包み込むような先進的なボディデザインにより、安全性を確保。ミッドシップには、最大出力815psを発生する4.0リットルV8ツインターボエンジンを搭載する。

日本国内では最大級となるマリンイベント「ジャパン・インターナショナルボートショー2021」は今年は60回目を迎え、「海・ここが夢の入り口」をテーマとして開催する。記念すべき60回目のイベント開催に際して、マクラーレンはブランド初となるフルオープンコックピットのスーパーカー『エルバ』を展示。世界限定149台の希少モデルを実際に見ることができる数少ない機会を提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ