トヨタ マリン、バーチャルボートショー開催中…原寸大豪華ヨットでクルージングや釣り体験

トヨタマリンワールド 全景
トヨタマリンワールド 全景全 6 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車マリン事業室(トヨタマリン)は、「ジャパンインターナショナルボートショー2021」(4月30日まで)にて外部特設バーチャルブース「トヨタマリンワールド」を出展中。VRでクルージングや釣り体験が楽しめる。

トヨタマリンワールドはトヨタコネクティッドとVR法人HIKKYが企画制作を担当し、現実世界では実現しえない特別なワールド内に、各ブランドの世界観を表現したブースを制作。レクサスから『LY650』、トヨタマリンから『ポーナム-28V』、『ポーナム-31』の3艇を3Dモデルとして1分の1スケールで忠実に再現している。

レクサスブースでは、来場者が近づくと原寸大のラグジュアリーヨット LY650がゆっくりとせり上がり、来場者を迎える。ブース中央上部にはLY650艇の象徴的なスペック数値を配置。背景中央にある大迫力の曲面モニターではブランドコンセプト映像を視聴できる。加えてLY650に乗船も可能。ラグジュアリーな内装や空間を味わうことができるほか、上部フライングブリッジへ上がると、トヨタマリンワールド内をLY650で疾走するクルージング体験ができる。

トヨタのポーナムブースでは「海の女神に包まれるマリンライフ」をコンセプトに、透明なガラスで囲まれた海中フロアにて、ポーナム-28V、ポーナム-31の2モデルを展示している。パネルを操作し、見たいモデルを選択すると中央正面にせり上がり、LY650同様、乗船も可能。さらに船の上から釣り体験もでき、タイミングよく釣り竿を操作することで大きな魚を釣り上げることができる。また運が良ければ、クジラやイルカたちがブースを覗きに来ることも。同フロアでは、ポーナムシリーズ各艇や搭載エンジンのスペック、「トヨタドライブアシスト(TDA)」や「トヨタ バーチャル アンカー システム(TVAS)」、自動離着岸システム「トヨタ ドッキング サポート(TDS)」の紹介、映像の視聴などを楽しめる。

レクサスブース全景レクサスブース全景

トヨタマリンワールドへは、特設LPサイトよりアクセス。VRチャットベースでのVR体験のほか、Webブラウザベースでの気軽な体験も可能となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  3. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  4. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  8. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る