トライアンフ スクランブラー1200 新型を日本投入…マックイーンエディションも限定発売

トライアンフ スクランブラー1200 スティーブマックイーンエディション
トライアンフ スクランブラー1200 スティーブマックイーンエディション全 17 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、『スクランブラー1200』シリーズ2021年モデル3機種を日本市場に投入、6月(予定)より順次販売を開始する。

価格はスクランブラー1200XC(7月発売予定)が192万1900円より、同XE(同)が205万6400円より。同スティーブマックイーンエディション(6月発売予定)が219万6400円。

新型スクランブラー1200は、排ガス処理性能と熱伝導の見直しによってユーロ5をクリアした、最新型ボンネビルパラレルツインエンジンを搭載する。低慣性クランクと高圧縮シリンダーヘッドに加えて、オンロードとオフロードの両方のライディングでパワーとトルクのバランスを保つための専用スクランブラーチューンにより、低回転域から回転域全体にわたって驚異的なトルクを獲得。最大トルクはわずか4500rpmで110Nmに達し、90psの最高出力を7250rpmで発揮する。

足回りはフロントにショーワ製倒立フォークを、リアにはオーリンズ製ピギーバックリザーバー付きツインショックアブソーバーを搭載。ブレーキは、ブレンボ製M50ラジアルモノブロック4ピストンキャリパーとツインディスクを標準装備し、上位スペックの「XE」はMCSブレーキレバーも搭載する。

トライアンフ スクランブラー1200 XEトライアンフ スクランブラー1200 XE

また、2つの異なるデザインテーマを提供するフルカラーTFTディスプレイを搭載する。それぞれに3つのディスプレイレイアウトオプションがあり、ライダーは好みに応じて表示される情報量を変更可能。多機能TFTディスプレイはハンドルバーに取り付けられた5方向ジョイスティックなどで簡単に操作できる。

6月発売予定のスティーブ・マックイーン エディションは世界1000台の限定モデル。映画「大脱走」で使われた『TR6』をイメージしたコンペティショングリーンのタンクを装備。ハンドルバークランプにはシリアルナンバーに加え、マックイーンのサインも施されている。

トライアンフ スクランブラー1200 スティーブマックイーンエディショントライアンフ スクランブラー1200 スティーブマックイーンエディション

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  2. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  3. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  4. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  5. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  6. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  7. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  8. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  9. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る