ジャガー『Fタイプ』に2022年型、「Rダイナミックブラック」を欧州設定

専用仕立ての内外装

12.3インチのHD TFTインストルメントクラスター

2.0リットル直4ターボと5.0リットルV8スーパーチャージャー

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」
ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」全 8 枚

ジャガーカーズは4月12日、ジャガー『Fタイプ』(Jaguar F-TYPE)の2022年モデルに、欧州で「Rダイナミックブラック」を設定すると発表した。

専用仕立ての内外装

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」

FタイプのRダイナミックブラックは、クーペとコンバーチブルがラインナップされる。エクステリアは、「ブラックパック」が標準装備された。ベント、ジャガースクリプトとリーパー、グリルサラウンド、20インチの5スプリットスポークアルミホイールは、グロスブラックで統一されている。

ボディカラーには、サントリーニブラック、アイガーグレー、フィレンツェレッドの3つのメタリックペイントが選択できる。Rダイナミックブラックとともに、従来からの「Rダイナミック」も継続設定されている。

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」

Rダイナミックブラックのインテリアには、12方向に調整可能なパフォーマンスシートを装備した。このシートには、ウィンザーレザーを使用しており、ライトオイスターコントラストステッチのエボニー、またはフレームレッドステッチのマーズを選択できる。ドアトリムには、モノグラムステッチパターン加工が施された。

このモノグラムデザインが、12.3インチのインタラクティブドライバーディスプレイのスエードクロスラップをエンボス加工するために使用されている。サテン仕上げのアルミ製パドルシフト、エボニースエードのクロスヘッドライナー、ジャガースクリプトを備えた照明付きトレッドプレートも装備された。

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」

12.3インチのHD TFTインストルメントクラスター

ドライバー正面には、12.3インチのカスタマイズ可能なHD TFTインストルメントクラスターを装備した。フル地図モードを含めて、さまざまな表示が切り替えられる。スポーツカーらしく、通常表示は大型のタコメーターだ。スポーツ走行時には、シフトアップを促すインジケーターが付く。

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」

最新の「Touch Pro」インフォテインメントシステムは、Apple「CarPlay」に対応する。「スマートフォンパックは、グーグルの「Android Auto」とバイドゥの「CarLife」と連携する。

2.0リットル直4ターボと5.0リットルV8スーパーチャージャー

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」

「P300」の2.0リットル直列4気筒「INGENIUM」ガソリンターボエンジンは、最大出力300ps/5500rpm、最大トルク40.8kgm/1500~4500rpmを発生する。トランスミッションは8速AT「クイックシフト」で、駆動方式は2WD(FR)。0~96km/h加速5.4秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

「P450」の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、スーパーチャージャーで加給されており、最大出力450ps/6000rpm、最大トルク59.1kgm/2500~5000rpmを引き出す。トランスミッションは8速ATのクイックシフトで、駆動方式は2WD(FR)と4WD。0~96km/h加速4.4秒、最高速285km/h(リミッター作動)の性能を備えている。

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミックブラック」

P450には、「アダプティブダイナミクスシステム」が標準装備されている。アダプティブダイナミクスシステムは、電子制御の連続可変ダンパーを使用して、低速走行時の快適性と高速走行時のコントロール性の両立を狙ったものだ。ドライバーはサスペンション、パワーステアリング、スロットルレスポンス、シフトチェンジの設定を調整できる。

P450には、「クワイエットスタート」機能が付く。リアサイレンサーの電動バイパスバルブは、負荷がかかった状態で自動的に開くまで、閉じた状態を保つ。ダイナミックモードを選択するか、エンジンを始動する前に切り替え可能な排気ボタンを押すことで、クワイエットスタートを無効にすることができる。

ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」ジャガー Fタイプ の2022年モデルの「Rダイナミック」

また、P300には、パッシブモノチューブダンパーを採用して、乗り心地とハンドリングを追求している。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえ感涙、愛車の日産 シーマ がピカピカになって帰ってきた[写真37点]
  3. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  4. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
  5. マツダ CXシリーズの長男、『CX-9』に2022年型…全車2.5ターボ+AWDに
  6. 【SEMA SHOW 2021】 “トーヨータイヤ イチバン!” 北米市場で圧倒的な支持率を誇るTOYO TIRESに大注目PR
  7. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  8. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  9. ホンダの新オフロード仕様、「トレイルスポーツ」…第一弾『パスポート』は今冬米国発売へ
  10. ジープ ラングラー、欧州はPHVのみに…2022年モデル
ランキングをもっと見る