トーハツの新型船外機「MFS140AW ETUL」はクラス最軽量、最高トルクを実現…ジャパンボートショー2021

トーハツ(ジャパンインターナショナルボートショー2021)
トーハツ(ジャパンインターナショナルボートショー2021)全 12 枚写真をすべて見る

ジャパンインターナショナルボートショー2021の横浜ベイサイドマリーナ会場、トーハツブースにて、新型の140馬力船外機「MFS140AW ETUL」が発表された。発売は2021年7月から。

トーハツではフラッグシップモデルとして「MFS110」、「MFS90」、「MFS75」の3モデルを販売しているが、新たに140馬力が登場した形になる。

船外機として初となる4-2-1等長排気システムなど様々な新技術を搭載しており、クラス最高レベルの高トルクが特徴で、優れた加速性能を実現。燃料・排気効率を徹底的に追求し、パフォーマンスの向上と環境性能の向上の両立が図られている。

また、同クラスとしては最軽量の重量(182.5キロ)も特徴だ。カラーリングは2種類で、展示されているベルーガホワイトモデルのほかに、アクアマリンブルーを選択できる。

トーハツ(ジャパンインターナショナルボートショー2021)トーハツ(ジャパンインターナショナルボートショー2021)

あわせて、同エンジンを搭載したクルーザー「TF-23Xα」のパッケージモデルも展示されており、実際にエンジンが積まれた様子や外観を見ることができた。

ほかにも、レジャーボートなどで人気の小型船外機も3機展示。免許不要で使用できる2馬力のモデルや、インフレータブルボートで使用されることが多い6馬力モデルなどが展示されていた。

トーハツ(ジャパンインターナショナルボートショー2021)トーハツ(ジャパンインターナショナルボートショー2021)

《二城利月》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  8. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る