マツダ CX-30 にEV、「e-SKYACTIV」搭載…上海モーターショー2021

マツダ CX-30 EV(上海モーターショー2021)
マツダ CX-30 EV(上海モーターショー2021)全 5 枚写真をすべて見る

マツダの中国部門は4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2021において、『CX-30 EV』(Mazda CX-30 EV)をワールドプレミアした。

CX-30 EVはマツダの新世代SUV、『CX-30』のEVバージョンだ。マツダにとって、中国初の「NEV」(新エネルギー車。EVやプラグインハイブリッド車など)となる。

CX-30 EVは上海モーターショー2021において、デザイン参考モデルとしてワールドプレミアされた。そのため、EVパワートレインに関しては、「マツダの新世代電動化技術「e-SKYACTIV」をベースに開発されている」、ということだけが明らかにされた。

e-SKYACTIV はすでに、『MX-30』に搭載された。MX-30の場合、システムは、モーター、バッテリーパック、インバーター、DC-DCコンバーターなどで構成される。インバーターは、バッテリーからの直流電流を交流に変換してモーターを駆動し、DC-DCコンバーターは電圧を降圧して自動車の12V補機に電力を供給する。モーターやインバーター、DC-DCコンバーター、ジャンクションボックスは一体設計され、車両フロントの高電圧ユニットに組み込まれた。

マツダ CX-30(欧州仕様)マツダ CX-30(欧州仕様)

なお、CX-30 EVは2021年内に、中国市場で発売される予定。マツダは、2030年のカーボンニュートラル戦略に向けて、中核技術を生かした新エネルギー車の展開に取り組む、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ