フォード フィエスタ が大変身!SUV風「アクティブ」をスクープ

フォード フィエスタ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
フォード フィエスタ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 18 枚

フォードの主力ハッチバック『フィエスタ』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。かつて日本でも販売されていた人気モデルだが、最新モデルはどのように進化しているのか。

フィエスタは1967年から発売されている欧州Bセグメントハッチで、45年にわたるフォードのロングセラーモデルとなっている。第5世代となる現行型は2017年に登場、これが初の大幅改良だ。

捉えたプロトタイプは、ヘッドライト周りやグリル、フロントバンパーをはじめ、リアウィンドウ、テールライトを厳重にカモフラージュしており、エクステリアが大刷新される可能性がありそうだ。またボディをリフトアップ、ルーフレールを装着しており、改良新型に設定されるSUV風ハイライディングタイプの5ドア「アクティブ」のプロトタイプと思われる。

フォード フィエスタ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)フォード フィエスタ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
キャビン内では、インフォテインメント機能のアップグレード、トリム類の見直しがなされるだろう。

フォードは2020年に最高出力123psを発揮する1.0リットル「EcoBoost」エンジンのマイルドハイブリッドバージョンを発表、これがキャリーオーバーされる可能性が高い。これは48Vのシステムと統合されたベルト駆動のスタータージェネレーターを使用し、ブレーキエネルギーを収集、発進時にICEを支援するシステムだ。

また6速オートマチックに代わる新しい7速オートマチックトランスミッションを搭載。アダプティブクルーズコントロールの追加と、「Sync3」インフォテインメントシステムのアップデート版も期待できるだろう。

フィエスタ改良新型のデビューは、最速で2021年内と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. 土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌
  3. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  4. トヨタ カローラクロス、欧州発表…日本と異なるフロントマスク
  5. 自動車衝突安全技術を採用した自転車ロック、アイシン高丘が開発 12月10日より先行予約
  6. ハーレー最後の空冷スポーツスター? 日本限定『フォーティーエイト ファイナルエディション』発表
  7. デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正
  8. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  9. 【メルセデスベンツ EQA 新型試乗】航続距離は422km。普通に使える感じはするけれど…中村孝仁
  10. 旧車ファン、2割は個人売買で購入…最多価格帯は「201万~500万円」
ランキングをもっと見る