フォードの新型EV、車名は『F-150ライトニング』 5月19日にモデル発表

フォード F-150 ライトニング のティザーイメージ
フォード F-150 ライトニング のティザーイメージ全 5 枚

フォードモーター(Ford Motor)は、現在開発を進めているフォード『F-150』のEV仕様を、5月19日に『F-150ライトニング』として初公開する。フォードモーターが5月10日、発表した。

フォードモーターは、電動化を加速している。すでに、フォード『マスタング』シリーズの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』を米国で発表している。

このマスタング・マッハEに続いて、2022年から生産を開始するのが、フォードF-150のEV 、F-150ライトニングだ。フォードF-150は、大型ピックアップトラックで、米国のベストセラー車のフォード『Fシリーズ』の主力モデル。フォードモーターは、米国最量販車にEVを設定することにより、電動化を加速していく。

F-150ライトニングは、フォードのピックアップトラックに共通するパワー、積載性能、牽引性能を追求する。米国で最も売れているFシリーズに、驚くべき革新、技術、機能をもたらすと、自負する。

フォード F-150 ライトニング のプロトタイプフォード F-150 ライトニング のプロトタイプ

また、F-150ライトニングでは、デジタル化を進める。停電時には、住宅に電力を供給することも可能だ。無線アップデート機能によって、車両は絶えず改善されるという。

フォードモーターのジム・ファーリー社長兼CEOは、「フォードの『モデルT』や『マスタング』、トヨタ『プリウス』、テスラ『モデル3』に続いて、ゲームチェンジャーとなる新しい車両、F-150ライトニングが登場する」と述べている。

フォード F-150 ライトニング のプロトタイプフォード F-150 ライトニング のプロトタイプ

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. 土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌
  3. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  4. トヨタ カローラクロス、欧州発表…日本と異なるフロントマスク
  5. 自動車衝突安全技術を採用した自転車ロック、アイシン高丘が開発 12月10日より先行予約
  6. ハーレー最後の空冷スポーツスター? 日本限定『フォーティーエイト ファイナルエディション』発表
  7. デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正
  8. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  9. 【メルセデスベンツ EQA 新型試乗】航続距離は422km。普通に使える感じはするけれど…中村孝仁
  10. 旧車ファン、2割は個人売買で購入…最多価格帯は「201万~500万円」
ランキングをもっと見る