【トヨタ ヤリスクロス 新型試乗】もしグレード選びに迷ったら…岩貞るみこ

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Four
トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Four全 11 枚写真をすべて見る

今回の試乗車は、ハイブリッドの4WDである。タンク容量を見たら36リットルと、軽自動車並みの小ささに一瞬戸惑うけれど、カタログ値(WLTC)は26.0/リットル。つまりそのまま掛け算するとワンタンクで936km走れることになる。

実際の走行パターンとカタログ値は違うからそんな夢のような数字が出るわけはないけれど、それでも意地悪く半分として計算しても468km。遠出で遊びに行くには十分な数字。ハイブリッドのよさは、燃費のよさとしみじみ思う。

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Fourトヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Four
ハイブリッドは燃費がいい。そのぶん車両本体価格が高いので、あまり走らない人は差額分をとりもどせないけれど、でも、ハイブリッドのよさはそれだけではない。走りのスムーズさだ。今回、特に私が感じたのは、一定速度で走っているときのなめらかさである。

たとえば、郊外の道を50km/hで走っているとする。高度なテクニックが身についている人は、アクセルペダルを一定に保てるのだが、私のような下手くそなドライバーは、一定速度を保つためにアクセルペダルを踏んで離してを無意識にやってしまうのだ。

そのとき、ヤリスクロスの懐の深さを見た。単なるエンジン車だと、そのたびにエンジン回転数が上がり、エンジン音が高まる。しかし、ヤリスクロスのハイブリッドは、ここをモーターが担当してくれる。エンジン回転数は変わらないまま速度だけ、するっと上がる。

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Fourトヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Four
まさに、さらりと速度を調節してくれる。音にしろ加速感にしろ、体感的なストレスがほとんどないのだ。試しに、わざとアクセルを無造作に踏んでみても、モーターが速度を静かに上乗せしてくれる感覚だけで気持ちいいことこの上ない。

ヤリスクロスのグレード選びに迷ったら、このしなやかな走りとストレスのなさをぜひ年頭に於き、ハイブリッドを検討していただきたい。

車両について求めるとしたら、ふた付きで中身が見えなくなる小物入れが標準装備であるといいのにと思う。『ヤリス』はともかく、ヤリスクロスの行動範囲の広さを考えると、やっぱりちょっとした物を隠したいんだよね。

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Fourトヨタ ヤリスクロス ハイブリッド E-Four

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、ノンフィクション作家として子どもたちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。コラム『岩貞るみこの人道車医』を連載中。

《岩貞るみこ》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ