アウディ Q7 と Q8 に2022年型、「コンペティションプラス」新設定…欧州発表

ブラック仕上げのフロントグリル

フルデジタルのアウディバーチャルコックピット

48Vのマイルドハイブリッド

アウディ Q7 と Q8 の2022年モデルの「コンペティションプラス」
アウディ Q7 と Q8 の2022年モデルの「コンペティションプラス」全 20 枚写真をすべて見る

アウディ(Audi)は5月20日、SUVの『Q7』と『Q8』の2022年モデルを欧州で発表した。

アウディの大型SUVのQ7と、大型SUVクーペのQ8の2022年モデルには、「コンペティションプラス」が新設定された。「Sラインエクステリアパッケージ」をベースにした「エクステリアパッケージブラックプラス」が装備されており、アウディQ7とQ8のダイナミックなフォルムをさらに際立たせるという。

ブラック仕上げのフロントグリル

フロントマスクでは、シングルフレームグリルとアウディリング、クリップがブラック仕上げとなる。「カーボンパッケージ」を選択すると、ドアミラーカバーとドアインレイがカーボンファイバー製となり、スポーツ性が強化される。アウディQ8の場合、シングルフレームグリルは、光沢ブラックで仕上げられる。

アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」

どちらの車両も、21インチのアルミホイールが標準装備される。オプションで、Q7は22インチアルミホイール、Q8は23インチアルミホイールが選択できる。

アウディQ7は、新しい「Sラインコンペティションプラス」として、ブラックの装飾トリムを装備する。アウディQ8はカーボンバンパーがスポーティなキャラクターを際立たせる。どちらのモデルにも赤いブレーキキャリパーが装備されており、ドアを開けると、「S」のロゴのLEDプロジェクションで乗員を歓迎する。

アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」

インテリアは、ダークトーン仕上げで、シートとステアリングホイールにはオプションで赤い装飾ステッチなど、特定の色のアクセントが添えられる。Sモデルでおなじみのカーボン装飾インレイも、両モデルのインテリアの特長だ。

フルデジタルのアウディバーチャルコックピット

アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」

「MMIタッチレスポンス」を搭載しており、ほぼすべての機能が、2つの大型ディスプレイで操作できる。10.1インチの上部ディスプレイは、インフォテインメントとナビゲーションシステム用。8.6インチの下部ディスプレイは、空調や機能、テキスト入力に使用する。テキストを入力する場合、ドライバーは、手首をセレクターレバーの上に乗せて操作を行う。

この操作は、触覚と音のフィードバックで確認が可能。自然言語に対応したボイスコントロールも導入されており、ドライバーは日常会話をするように、ボイスコマンドを発話することができる。走行に関する情報は、フルデジタルの「アウディバーチャルコックピット」に表示。高解像度の12.3インチディスプレイは、マルチファンクションステアリングホイールにより、2種類のビューを切り替える。

アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」

「MMIナビゲーションプラス」は、LTEアドバンスト規格に対応。Wi-Fiホットスポット機能を備えた「アウディコネクト」のデータモジュールが含まれる。ナビゲーションシステムは、過去の走行記録からドライバーの好みを認識して、インテリジェントな提案を行う。アウディコネクトのオンラインサービスには、ルート計算のプロセスに予測機能を追加。これにより、アウディ車両のスワームインテリジェンス(群知能)を活用した、道路標識情報やハザード情報に関する「Car-to-X」サービスを実現する。

48Vのマイルドハイブリッド

アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」

パワートレインには、48Vのマイルドハイブリッドを採用する。48ボルトの電源システム、BAS(ベルト駆動式オルタネーター・スターター)、小型のリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、走行中に最長で40秒エンジンを休止させ、惰性走行で燃費を稼ぐ。

エンジンのスタート/ストップ機能も、22km/h以上の幅広い走行条件で作動する。減速時には、BASが最大8kWのエネルギーを回生する。アウディによると、マイルドハイブリッドの効果により、実走行で100kmあたり最大0.7リットルの燃料消費を削減するという。

アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」アウディ Q7 の2022年モデルの「コンペティションプラス」

最新の先進運転支援システム(ADAS)を導入する。アダプティブスピードアシスト、渋滞アシスト、アクティブレーンアシストの機能を兼ね備えた「アダプティブクルーズアシスト」を採用した。予測効率アシストとの組み合わせにより、道路の先の状況を見越して、減速や加速を行うことができる。

《森脇稔》

【画像】アウディ Q7 と Q8 に2022年型、「コンペティションプラス」新設定…欧州発表(20枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. 信号機のない横断歩道、止まらない都道府県ワーストは「岡山」…JAF調べ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  5. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「小さくても高級」は日本で受け入れられるか?…諸星陽一
  6. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  7. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  8. 『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021
  9. 【ホンダ シビック 新型】グッドイヤー、イーグルF1 エフワン アシメトリック2を純正装着
  10. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
ランキングをもっと見る