BMWグループジャパン、設立40周年記念限定車を発売…3、5、7シリーズ

BMW 40th アニバーサリー エディション
BMW 40th アニバーサリー エディション全 7 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWグループジャパン)は、会社設立40周年記念限定車「40th アニバーサリー エディション」(BMW 40th Anniversary Edition)を『3シリーズ』、『5シリーズ』、『7シリーズ』に設定し、5月24日より販売を開始する。

BMWグループジャパンでは会社設立40周年を記念し、ドライバーを取り巻く様々な“たいせつなもの”に対して責任を果たしていくという想いを込め、「世界はたいせつなものであふれている。」というメッセージとともにブランドキャンペーンを実施している。今回の記念限定車はキャンペーンの一環として企画したもの。40年の歴史において3シリーズ/5シリーズ/7シリーズそれぞれに込められた伝統と革新を称えながら、最新技術により生み出された装備を採用することで、BMWブランドの価値を実感できるモデルとなっている。

40周年記念限定車は、記念ロゴをあしらった装備を全車採用する。コンソールには、シリアルナンバーが刻まれたホワイトシルバーの限定バッジを装着。ドアを開けると足元を照らすLEDドアプロジェクターは40周年ロゴが投影される。Bピラーには両サイドに記念ロゴのステッカーを装備。さらに、キーケースは40周年記念ロゴが型押しされた、上質なイタリア製レザーを使用したBMWグループジャパン完全オリジナル品を採用する。

BMW 318i 40th アニバーサリー エディション

BMW 318i 40th アニバーサリー エディションBMW 318i 40th アニバーサリー エディション

クローム加飾をウィンドウモールや、キドニーグリル、エアインテーク部分に採用し、フロントバンパーの下部をブラックハイグロスで塗装するとともに、繊細なスポークが細かく入る17インチアロイホイール771を専用装備として採用することで、初代3シリーズを彷彿とさせるデザインとなっている。

インテリアでは、ステアリングやサイドドアトリムのガルバニック加飾や、ヴァーネスカレザー仕様のスポーツシート、センサテックダッシュボードなどを専用装備。上質な空間を実現している。

BMW 318i 40th アニバーサリー エディションBMW 318i 40th アニバーサリー エディション

外装/内装の組み合わせは、メルボルンレッド/キャンベラベージュ、グレーシャーシルバー/ブラック、アルピンホワイト/コニャックの3種類。各20台、80台、200台の限定販売となる。価格は580万円。

BMW 523d xDrive Mスポーツ 40th アニバーサリー エディション

BMW 7シリーズ 40th アニバーサリー エディションBMW 7シリーズ 40th アニバーサリー エディション

フロントには、ライトのリフレクター部分がブラックになるMライト シャドーラインを専用装備として採用。第2世代5シリーズにも採用されていた伝統の丸型4灯ライトを彷彿とさせるとともに、最新のシャープなフロントライトが際立つデザインとなっている。また、Mスポーツパッケージとして当時人気のあったオプション装備である、Mリヤスポイラーを専用装備としている。

インテリアには、専用装備としてブルーステッチ付きのダコタレザーシートやMシートベルト、Mスモークグレーアルミインテリアトリム等、Mスポーツの基本装備群を採用。40周年記念モデルにふさわしいスポーティ感を高めたデザインとした。

BMW 523d xDrive Mスポーツ 40th アニバーサリー エディションBMW 523d xDrive Mスポーツ 40th アニバーサリー エディション

ボディカラーはアルピンホワイト、カーボンブラックの2種類を設定。各50台、合計100台の限定販売で価格は858万円。

BMW 750Li/745Le/740Ld xDrive 40th アニバーサリー エディション

BMW 523d xDrive Mスポーツ 40th アニバーサリー エディションBMW 523d xDrive Mスポーツ 40th アニバーサリー エディション

7シリーズの40周年記念限定車は、初代モデルをイメージしたデザインを採用する。750Li xDrive 40th アニバーサリー エディションは、ボディカラーにBMWインディビジュアルの特別色「アズライトブラック」を採用。「アズライト」、別名「藍銅鉱(らんどうこう)」は宝石の名前でも知られ、日本の伝統絵画に用いられてきた高貴な色だ。インテリアでは、BMWインディビジュアル フルレザーメリノシートのスモークホワイト&ナイトブルー バイカラーや、同アルカンタラルーフライナーのナイトブルー、グレーポプラウッド インテリアトリム、スポーツATなど、最上級の装備を採用している。

BMW 745Le xDrive/740Ld xDrive 40th アニバーサリー エディションは、ブラックサファイアのボディカラーに20インチ アロイホイールWスポークスタイリング646を採用。上質で落ち着いた印象を与えるデザインとなっている。インテリアには、ブラックのエクスクルーシブナッパレザーシートに、グレーポプラウッド インテリアトリムを専用装備として採用。優雅な室内空間を実現している。

BMW 7シリーズ 40th アニバーサリー エディションBMW 7シリーズ 40th アニバーサリー エディション

限定数は750Li xDriveが6台、745Le xDriveと740Ld xDriveが各2台、合計10台となる。価格は750Li xDriveが2114万円、745Le xDriveが1600万円、740Ld xDriveが1614万円。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】BMWグループジャパン、設立40周年記念限定車を発売…3、5、7シリーズ(7枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  3. ポール・ウォーカーが『GRスープラ』をカスタムしたら?…3台限定 トムス×月刊誌Safari
  4. アキュラ RDX に改良新型、新しいフロントマスク…米国発表
  5. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  6. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
  7. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  8. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  9. ホンダのSUV『パスポート』にオフロード仕様を初設定…米国発表
  10. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
ランキングをもっと見る