BMW 7シリーズ 次期型、ついにV12エンジンと決別へ…デザインは往年オマージュか

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚写真をすべて見る

BMWが現在開発を進めるフラッグシップ・4ドアセダン『7シリーズ』の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクで捉えた車両は、ボディをフルカモフラージュ。しかしいくつかの注目すべき点が見られる。フロントフェンダーには、カメラが組み込まれた小さなウィングレットを装着。ドアハンドルは『iX』に採用された新開発のものが装備されている。

後部ではプレースホルダーのLEDテールライトが見てとれるほか、コンパクトなスポイラー、現行「M760i」に似たクワッドエキゾーストパイプが配置されている。

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
フロントエンドは、1990年代の『8シリーズ』を思い起こさせる「ローマウントヘッドライト」、2013年ピニンファリーナによってデザインされた『グランルッソ』コンセプトを彷彿させるシャープなノーズデザインを採用しているのが特徴だ。キドニーグリルは極端に巨大化されず、カメラやセンサー類を内臓していることが確認できる。

わずかに捉えたコックピットには、第8世代の「iDrive」インフォテイメントを備え、iXから継承されるデュアルスクリーンセットアップを装備しているように見える。

次世代型のラインアップは「735d」、「740i」、「745e」、そして「M750e」。そして電動バージョンの新シリーズ「i7」は「i740i」、「i750i」、そして頂点には最高出力650psとも噂される「i7 M60」が設定されるようだ。i7 M60では少なくとも2つの電気モーターを搭載、1回の充電による後続は400マイル(644km)を超えると思われる。またRWDのi735dとi740を除いてファミリーすべてのモデルは全輪駆動「xDrive」を搭載する。

BMWは1986年に発売された「E32型」第2世代以降、すべてのモデルにV型12気筒エンジンを搭載してきたが、ついに終焉を迎えることになりそうだ。最上級レンジを求める顧客は「i7 M60」へ移行することになるだろう。

7シリーズ新型とi7はほぼ同時の公開が期待されており、最速で2021年内、遅くとも2022年初めにはワールドプレミアが予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】BMW 7シリーズ 次期型、ついにV12エンジンと決別へ…デザインは往年オマージュか(13枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  3. ポール・ウォーカーが『GRスープラ』をカスタムしたら?…3台限定 トムス×月刊誌Safari
  4. アキュラ RDX に改良新型、新しいフロントマスク…米国発表
  5. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  6. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
  7. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  8. ホンダのSUV『パスポート』にオフロード仕様を初設定…米国発表
  9. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  10. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
ランキングをもっと見る