ヤマハ XMAX、排ガス規制適合の2021年モデル発売へ…シートなどの質感も向上

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル(グレー)
ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル(グレー)全 16 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、水冷250cc単気筒エンジンを搭載するスポーツスクーター『XMAX ABS』をマイナーチェンジし、2021年モデルとして7月28日より発売する。

XMAX ABSは、精悍な2眼ヘッドランプやブーメランをイメージしたサイドカバーといった「MAXシリーズ」のイメージを受け継ぐ上質なスタイリングに、軽快な走行性能や快適性・実用機能をバランスさせたスポーツスクーターだ。

2021年モデルは、エンジンの平成32年排出ガス規制適合化を図りながら、シート表皮やスマートキーの質感向上、ヘッドランプの光量アップに加え、カラーリングをアップデートした。

「マットグレー」はホイールやグラフィックにブルーを配色し、パフォーマンスの高さを感じさせるカラー。「グレー」は2021年モデルの各MAXシリーズでも採用しているソリッドで艶のあるグレーを採用し、トレンディかつスポーティなイメージを表現している。「マットダークグレー」はダークトーンのボディとホイールなどにあしらったゴールドのコンビネーションで洗練された質感を表現。「マットブルー」はスポーティさとトレンド感を兼ね備え、前モデルでも採用したMAXシリーズで定評のあるカラーだ。

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル(グレー)ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル(グレー)

価格は据え置きで65万4500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ