「CSL」19年ぶり復活なるか、限定1000台の特別なBMW M4…最新プロトをスクープ

BMW M4クーペをベースとしたプロトタイプ(スクープ写真)
BMW M4クーペをベースとしたプロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚写真をすべて見る

BMWは2020年9月、「4シリーズ」の頂点に君臨する『M4クーペ』を、2021年4月には『M4コンペティション』をワールドプレミアしたが、さらなるホットモデルの存在が判明した。最新のプロトタイプをスクープした。

このプロトタイプが「M4 CS」、または「M4 CSL」となるかは明らかではないが、フロントエンドや、より大型スポイラーなどM4コンペティションを上回るパフォーマンス志向であることがうかがえる。

さらにアグレッシブなフロントスプリッター、ウィングレットが取り付けられた大口エアインテークを装備。後部にはより大きなトランクリッドスポイラー、ディフューザーが確認できるほかチタン製デュアルエキゾーストシステムがインストールされているようだ。また足回りにはカーボンセラミックブレーキを装着、サスペンションはより低いセッティングとなっている。

BMW M4クーペをベースとしたプロトタイプ(スクープ写真)BMW M4クーペをベースとしたプロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
パワートレインは、ブーストアップされた3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力はM4コンペティションの510psを超えてくるだろう。しかし、市販型ではより軽量な素材を多用し、大幅な軽量化もなされるため、大きなパワーアップがなくてもパワーウエイトレシオは向上するはずだ。

このモデルがCSLならば1973年の伝説的な「3.0CSL」、2003年のE46型「M3 CSL」以来19年ぶりの復活となる。

最新情報では2021年7月に生産が開始され、ワールドプレミアは2022年前半と予想されているほか、限定1000台とも噂されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】「CSL」19年ぶり復活なるか、限定1000台の特別なBMW M4…最新プロトをスクープ(17枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  2. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  3. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  4. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  5. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  6. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  7. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  8. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
ランキングをもっと見る