ENEOS、川崎にオンサイト式水素ステーションをオープン 東京五輪大会車両に供給

川崎高津水素ステーション
川崎高津水素ステーション全 1 枚写真をすべて見る

ENEOSは6月10日、川崎市高津区に「川崎高津水素ステーション」を開所したと発表した。同社46か所目、首都圏で31か所目の商用水素ステーションとなる。

新設した水素ステーションは、施設内で都市ガスから水素を製造するオンサイト方式で、。水素製造能力は300Nm3/h。次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けた。

同社は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会にて、大会用車両として投入される約500台の燃料電池自動車に、東京2020オフィシャル水素「ENEOS水素」を供給することになっており、本ステーションを含め7か所の同社水素ステーションが大会用車両に水素を供給する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ